それが知り隊!~あなたの代わりにググります~

本日の人気記事

Sorry. No data so far.

赤ちゃんのインフルエンザ予防接種!卵アレルギーだと受けられない?


インフルエンザワクチンの接種が始まる季節!

ご家庭の赤ちゃんにも、
インフルエンザの予防接種を、受けさせるかどうか…
判断に悩む親御さんが、毎年多いようです。

スポンサードリンク

こちらの記事で、
赤ちゃんのインフルエンザ予防接種の接種時期や、
その費用について、ご紹介しました。

関連記事「赤ちゃんのインフルエンザ予防接種はいつから?費用は?」


また、赤ちゃんのインフルエンザ予防接種のときに
悩むポイントのひとつに「卵アレルギー」があります。


卵アレルギーだと、
 インフルエンザ予防接種は、受けられないらしい!

…と聞いたこと、ありませんか?


「うちの赤ちゃんは、卵アレルギーかも…」
「インフルエンザ予防接種は、受けられないの?」

…と心配しているお父さんお母さんは、少なくありません。


今回は、
赤ちゃんのインフルエンザ予防接種と、
卵アレルギーとの関係についてご紹介します!



卵アレルギーとインフルエンザワクチン


予防接種に使われる「インフルエンザワクチン」は
ニワトリの卵から、作られています。

ただし「卵を利用して」作られているのであって、
「卵で出来ている」わけではないんです。
22653a8f4a55f0aa22bb299484719df8_s
インフルエンザのワクチンは、
製造過程で鶏卵を使うため、
ごくわずかの卵成分が、ワクチン内に残っています。

それによって、アレルギー反応を起こす可能性があるのです。

しかし最近は、
とても高度な精製技術で生産されており、
実際には、ほとんど残っていないとも言われています。



卵アレルギーの赤ちゃんの予防接種


とは言え、
卵アレルギーと、インフルエンザワクチンの関係性は、
まだまだ!切っても切れません。


予防接種の可否を考えるとき…

「赤ちゃんが、卵アレルギーを持っているかどうか?」

まずは、そこです!


もし、卵アレルギーを持っていても、
どの程度のアレルギーなのか、把握しましょう。
a0006_001002
近年では、
ワクチン精製の技術が進歩したこともあって、

軽度の卵アレルギーなら、
 インフルエンザの予防接種を受けて、問題ない」

…というお医者様も、だんだん増えてきています。


小児科、耳鼻科、皮膚科などで、
「アレルギー科」と診療科目にあれば、検査が可能です。


生後6カ月から、血液検査を受けられるので、
卵アレルギーかどうか心配なら、一度相談してみましょう!



赤ちゃんが卵アレルギーか分からない…


また、よく聞くのが…

離乳食を始めたばかりで、卵にアレルギーがあるか分からない」
「まだを食べさせていないけど、どうなの?」

という、赤ちゃん特有の悩みです。

また、お母さんが卵アレルギーを持っている場合、
赤ちゃんにも影響が?、と心配されるお母さんも少なくありません。


ある小児科の例ですが、
インフルエンザ予防接種が可能な、
赤ちゃんの卵アレルギーの目安として…

ANJ88_ookiiokuchidegohan500赤ちゃんが、
お菓子の卵ボーロを1個、問題なく食べられれば大丈夫!

…という判断基準があるそうです。



卵アレルギーにも、程度が色々あります。

身体に入る量が少なければ、平気な子もいますし、
反対に、ほんの少しの卵成分だけで
強いアレルギー症状が出る子もいます。

スポンサードリンク


icon-hand-o-right 強い卵アレルギー症状の例

ごく少量の卵成分でのアレルギー症状は、例えば…、

  • 卵を食べたお母さんの母乳を飲んで、赤ちゃんにじんま疹が出る
  • 卵やホットケーキを焼いた煙だけで、喘息などの症状が出る

これくらい、卵に敏感な体質の赤ちゃんは、
卵ボーロ1個という、ごく少量の卵成分でも、
アレルギー反応が、ガッツリと出てしまいます。

※もちろん、
 このレベルの赤ちゃんは、インフルエンザの予防接種はNG


厚生労働省のホームページにも、
インフルエンザ予防接種について、下記のように書かれています。

「卵アレルギーが明確な者(食べるとひどいじんましんや発疹が出たり、口腔内がしびれる者)に対しては、接種を避ける」

「卵などでアナフィラキシーショックを起こした既往歴のある者にも、接種を行わない」


逆に、卵を少量食べても症状が出ない赤ちゃんであれば、
インフルエンザ予防接種は、安全に接種できる。

…ということだそうです。


まず、赤ちゃんの普段の食事を確認してみましょう。
お菓子に含まれるような少量の卵は、
食べても平気でしょうか?
bcdb3e8b028fff2d4e6402222730a747_s
かと言って、
無理に離乳食に卵を増やしたりはせず、
気になったら、かかりつけ医に相談してみましょう。

インフルエンザの予防接種を受させるときには、
アレルギー科で受けるか、
もしくは、事前のテストをしてくれる所で受ければ安心です。



海外製ワクチンには、少し注意を!


とはいっても、
インフルエンザは、どんどん新型が出てきます。

香港なんとか型とか、スペインなんちゃら、などなど。

それに対応した新型ワクチンについては、
一部、海外から輸入されることもあります。
drugs-21987_640
海外製の場合は、
検証したデータが少ないことが、何よりもデメリットです。
卵アレルギーのことも、日本製ワクチン以上に重要視されます。

新型対応の海外製ワクチンで、
卵を使って製造しているワクチンの場合…
赤ちゃんに接種するべきかどうか、よーく考えて下さい。



状況に合わせた判断が大事!


  • インフルエンザが、どれぐらい流行しているか
  • 流行しているのは、症状が重いインフルエンザか
  • 赤ちゃんの卵アレルギーの程度は、どれぐらいか

これらを総合的に見ながら…

インフルエンザの予防接種を、
赤ちゃんに受けさせるかどうか、決めましょう。

実際に予防接種をする場合は、
接種するお医者様と、十分に相談してからにして下さいね。


スポンサードリンク

↓タメになったらシェアをお願いします。知り隊の活力です!d(≧▽≦*)
URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す

*
* (公開されません)
*

Facebookでつぶやく


毎日の「気になる」を解決!

生活の知恵から、知って得するお役立ち情報まで…

「あれって何だっけ?」にお答えします!

Return Top