それが知り隊!~あなたの代わりにググります~

お年玉の相場の金額って?何歳まであげるのが正解?


お正月になると、
家族や親戚が集まることが、増えますよね~。

そこで忘れてはいけないのが…「お年玉」です!

お年玉といえば…
子供の頃は、とってもワクワクして待ち遠しいものでした!

スポンサードリンク

ところが、
いざ自分が渡す年齢になると…、

えーっと…

お年玉の金額って…どれくらいが相場??」
子供の年齢によって、変わるんだっけ?」

(゚Д゚;)覚えてない…

実際に自分の頃はどうだったか、と
遠い記憶を探ってみようとしますが…

自分が貰っていたお年玉のことくらいしか、
案外、記憶には残っていないものですね(笑)
36cb574121e6d28b215970fa08f0c644_s
しかし、お金が絡む以上は、
それなりに気を遣わなければいけないイベントでもあります。

ということで、
今回は、お年玉の金額の相場をご紹介します!


お年玉の相場や平均は?何歳まであげる?


まず、
お年玉をあげる子供に、年齢制限はあるのでしょうか?

実は…

決めごとや、制限はありません!

誰にあげるかは、
お年玉をあげる側の気持ちによって、それぞれなんです。
2bc52f60fe37bd1765736dc00e9fed12_s
一般的な考えでは、
あげる対象の子供の年齢ではなく、
その子供のお父さんお母さんや、祖父母など、
家族との「お付き合い関係の度合」によって、
判断することが多いようですよ。

なので、
まだお金の価値を知らない赤ちゃんや、
成人した大学生の場合でも、

「○○くんはお年玉を貰ったらしいけど、うちは…」

と、個人差があるのはこの為なんです。

また、反対に…
子供が年老いた父母
「お年玉をあげる」という習慣も、各地にあるそうですよ~

こういうのもステキですよね(v´∀`)ハ(´∀`v)


お年玉の相場はコレ!


ついつい思ってしまいがちですが、
「金額は、多ければ多いほど良い」
…というものではありませんので、ご安心を。

それよりも、年齢相応の金額をあげることが大事です。
a0002_006859
それでは、
年齢別に、お年玉の相場をチェック!!

周りの家族や、ネット上でのお年玉情報を元に、
平均金額を集計しました。

ご参考までにどうぞヽ(・∀・)ノ


<お年玉の相場>

icon-hand-o-right 自分の子供にあげる

  • 小学校入学前 ¥1,000
  • 小学校低学年 ¥3,000
  • 小学校高学年 ¥5,000
  • 中学生 ¥5,000
  • 高校生 ¥10,000
  • 大学生 ¥10,000



icon-hand-o-right 親類や親しい人の子供にあげる

  • 小学校入学前 ¥2,000
  • 小学校低学年 ¥3,000
  • 小学校高学年 ¥3,000~5,000
  • 中学生 ¥3,000~5,000
  • 高校生 ¥5,000~10,000
  • 大学生 ¥10,000(または¥0)


こうして見ると…

成長に合わせて、
自分の子供には少し多めにあげる傾向もあるようです。

逆に、親戚や親しい方の子供には
徐々に控えめになっていっていますね。

大学生くらいになると、
親戚の子供以外には、渡さないことも多いようですよ~。

もう大人なんだから!…というメッセージでしょうか(笑)


PAK95_anjyutukamaru500
赤ちゃんや、小さなお子さんの場合、
みんなお年玉はどうしてるの?


…というギモンについては、こちらの記事で紹介しています!
関連記事:
「赤ちゃんへのお年玉の金額は?相場っていくら?」

スポンサードリンク


こっそり相談するのも手


「相場」と言いつつも、
やはり、妥当な金額は意外と難しいものです。

一番オススメなのは、
先に基準を決めてしまって、それにのっとること。

筆者がまだ、お年玉をもらっていた頃は、
事前に、親戚間でこっそり決めていたそうです。
9d2a267c906373f65d8ad3bb638638c9_s (1)
ちなみに、
一般的な家庭に多い、お年玉の金額基準は…

「年齢 ÷2 × 1000円」

です!

例えば、小学校1年生(6歳)なら3000円、
中学2年生(14歳)なら7000円、のような感じですね。

これを多いと感じるか、少ないと感じるかは
ホントに人それぞれだと思います。


子供って、平等さにかなり敏感なので、
「一定の基準に渡しているんだよ」、
ということが、子供にとっても納得感につながります。

また、高額すぎて迷惑をかけてしまうことも…
少なすぎてがっかりされることもない、
「ちょうどいい基準の金額」を探すのが大切ですね。


まとめ


子供の頃は、お正月休みが終わって友達に合うと
必ずと言っていいほど、
「お年玉いくらもらった??」
という話題が出ていました。
7cd6f3d069c0e2c0d4090c779011b417_s
そんな中、
「僕、○万円も貰って~~ん!」
と、クラスに一人は金額自慢する子もいましたね(笑)

その頃は「いいな~」と羨ましがっていたのですが…

今となっては、金額は関係なく、
お年玉をくれた方々に、心から感謝しています。

そういったお金の大切さも、
お年玉を通して、子供に伝えられると良いですね!


スポンサードリンク

↓タメになったらシェアをお願いします。知り隊の活力です!d(≧▽≦*)
URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す

*
* (公開されません)
*

Facebookでつぶやく


毎日の「気になる」を解決!

生活の知恵から、知って得するお役立ち情報まで…

「あれって何だっけ?」にお答えします!

Return Top