それが知り隊!~あなたの代わりにググります~

オートミールの種類って?まずいのは選び方が原因かも!

これから、

「オートミールを食べてみようかな」

と思っている、そんなあなた…!

予備知識なく買っちゃうと、思わぬ後悔をするかもしれません。


オートミールの種類には、
ちょっとした注意が必要なんです…!ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿

スポンサードリンク


実はオートミールって、
色々な種類がある…って、知っていましたか?


わたし自身も最初は、

「オートミール」とかいう物が、
健康やダイエットに、効くらしいぞ!

…みたいな、詳細もなにもない、
ホワっとした情報をゲットして、


「よーし! オートミールを食べてみよう!」


…と、好奇心に駆られたまま、
近くのスーパーへ走ったんですよね。

そしてそのまま、売場で目についたものを、
なんとな~くで、買ってみました。


そしたらもう、

マズイの、なんの。

a3b35baae5061bb6cb53705649807361_s

(え? これ、生…?)
(っていうか、鳥のエサ?)

頭の上に「?」が、
5~6個は浮かんでたと思います。


それから、調べてみて知ったのですが…

オートミールって、簡単に説明すると、
食べやすいものと、そうでないもの

この二種類に、分かれているんです。


それをしっかり知っていれば、
実際に食べてみてガッカリ、…なんてことになりません。

『オートミールは、まずい!』

…そんなイメージを持つ前に、
オートミールの種類について、
ちょっとお勉強していきましょうヽ(・∀・)ノ



まずいのは種類の問題?


「オートミール」といえば、欧米などでよく食卓に上がっています。

というのも、とっても手軽に、
すぐに食べられるように加工されているんです。


いざ食べるときには、
お湯をかけたり、電子レンジで、少し加熱すればOK!

早く簡単に食べられることが、
オートミールの魅力の一つ、なんですよね。

82d67f8da6dc37cb36a7f7acb83690d0_s

この手軽さは、
既に加熱処理がされているおかげ。

食材が先に、
下茹でや、乾煎りがされているようなものです。


ただ、ごく稀にですが、
加熱処理がされていないオートミールが、
販売されていることもあります。

おそらく、わたしが初めて買ったオートミールは、
きっと、コレだったんでしょう…



ご飯でたとえると、
加熱処理されているのが、レトルトのご飯
電子レンジでチンするだけで、すぐに食べれます。

一方、加熱処理されていないのが、
お米そのものです。生米。
ここからお粥を作るとなると、結構、時間がかかりますよね~。


普通の料理に使うのなら、
加熱処理されている種類を、
買うようにするのがベスト。

後で「しまった…!」と、泣かずに済みますよ。


お次は、そんな「オートミールの種類の見分け方」をご説明します!


スポンサードリンク



オートミールの種類は?


オートミールは、
精製される状態によって、5種類に分けられます。

  • スティールカットオーツ
  • オーツブラン
  • ロールドオーツ
  • クイックオーツ
  • インスタントオーツ

なんのこっちゃ!、という感じなので、
分かりやすく、図にまとめてみました。

(クリックで大きく表示されます♪)
オーツ種類

図の下にいくほど、
精製度が高く、食べやすい状態です。

お米でいう、
「5分づき」や「7分づき」みたいなイメージですね~。



この中でも、
手軽で食べやすい種類は、3つです。


まず、ひとつめ。

インスタントオーツ
名前のとおり、「インスタント」な種類です。

既に調理されて、味がついているので、
牛乳をかけて、シリアル感覚で食べられます。



また、料理するときに使われるのは、
主に、この2種類です。

クイックオーツ
一番、よく見かけるタイプです。
調理時間も短く、手軽に使えます。

<調理すると…?>

モチモチとした食感。
噛みごたえは、ほとんどないです。
ごく柔らかめに煮た、お粥に近い感じ。
汁気の多い料理向きです。


ロールドオーツ
加熱加工されているので、
食べようと思えば、そのまま食べることも。
ただ、それほど美味しくはないです(゚Д゚;)

<調理すると…?>

クイックオーツに比べて、歯ごたえが残ります。
プチプチした食感。
お粥やリゾット、かために戻してご飯代わりにするなど、
そのバリエーションは豊富です!



ロールドオーツと、クイックオーツ、
見た目の違いは、こんな感じ。

オーツ見た目

クイックオーツは所々潰れて、粉末っぽいですね。
(まさに、鳥のエ…(ゴフンゴフン) )


普段から、オートミールを食べている管理人は、
その時の好みや、レシピに合わせて、

さっさと作りたい時:クイックオーツ
食感にこだわる時:ロールドオーツ
…というように、使い分けています。

二種類あると、気分で変えられるので飽きませんヽ(・∀・)ノ





また、当サイトでも紹介した、
オートミールの簡単レシピでも、
そうなんですが…

関連記事:「オートミールの簡単、美味しいレシピ!」
※別ウインドウで開きます♪

そのレシピのオートミールって、
どの種類を指すのか、というギモンが。


筆者もこれまで、
色々なレシピサイトを見てきたのですが、

オートミールを使ったレシピは、
基本的に「クイックオーツ」を使っている

…と思うのがベターだな、と感じました。


なので、もし気になるレシピがあったら、
内容を、少~し見てみます。

・加熱時間が、そんなに長くない
・使用する水分が少なめ

という場合は、

特に、記載されていなければ、
クイックオーツを使っているんだな~、と思いましょう。


また、同じレシピで、
もしもロールドオーツを使うときのなら、
この2ポイントに気を付ければ、かなり失敗しにくいです!

  • 調理前に、30分ほど分量の水にふやかす
  • 加熱する時間を、長めにする

ただ、間違って、
味付きのインスタントオーツを、
レシピに使ってしまわないように!

購入時には、よ~く確認しましょう。


それはそれで、
新しい味が、見つかるかも知れませんが…
あまり、オススメは出来ません(笑)

甘い味付けのインスタントオーツを、
味噌粥にしてみたり…とかね…(-∀-`; )


まとめ


いかがでしたか?

一口に「オートミール」と言っても、
種類が違えば、食感も調理時間も違います。

あなたのお好みに合わせて、
オートミールを選んでみて下さいね♪


スポンサードリンク

↓タメになったらシェアをお願いします。知り隊の活力です!d(≧▽≦*)
URL :
TRACKBACK URL :

毎日の「気になる」を解決!

生活の知恵から、知って得するお役立ち情報まで…

「あれって何だっけ?」にお答えします!

Return Top