運転免許証を持っていると、必ずやってくるのが「免許の更新」のタイミング。

今年、わたしにも更新ハガキが来たので行ってきました。
有給を使って、仕事を休んで更新へ行く人が多いと思いますが、そのために休日を使うってなんだか抵抗がありませんか?(´-`)

(正直、更新って面倒なんだよね)
(出来るだけ、パパっとササっと済ませて早く帰りたい…)

そんな心の声が、あちらこちらから聞こえてきそうです(笑)
ということで今回の記事では、効率的に、素早く運転免許の更新を済ませるための予備知識!

  • 免許更新ってどれくらい時間がかかるのか?
  • 午前中で終わらせたいけど、それって可能?
  • 講習って何するの?所用時間は??

こんなところについて、わたしが実際に免許更新に行ってきた様子も織り交ぜつつ、詳しくまとめました。
時間を有効活用しつつ免許の更新に行きたい方、必見です!

スポンサードリンク

光明池試験場(大阪)の例はこんな感じ

それでは早速、免許更新当日のわたしの動きを順に追ってみましょう。

わたしが訪れたのは、大阪府にある「光明池試験場」です。

arge-1024x647

各試験場によって多少前後しますが、光明池試験場の受付時間は「8:45」から。

途中でちょっと道に迷いまして、少ーしだけ遅れて、到着したのが9:00ジャスト。既に、受付にはたくさん人が集まっていました。みんな考えることは同じなんだなあ。


入ってすぐに、職員のおじさんが声を掛けてくれるので迷いません。
「免許の更新にきました」と言うと、こんなものが配られます。

kousin01

この紙に書かれている通りに、自分で、各窓口を回っていけばオッケーです。フロアの各受付の場所などが書かれた地図も付いているので、個人的には大変分かりやすかったですね(´▽`v)

わたしが更新に訪れたのが5月の週中の平日だったこともあって、激混みというわけでもなく、ちょっと人が多いかなー、くらいのレベルでした。

知人が、8月に同じ試験場に免許更新へ行ったところ、夏休みシーズンということもあって、平日とは思えないほど混雑していたそうです。
更新の時期を調整できる人なら、なるべく学生さんが少なそうなタイミングを狙うのがよいかと思います。

スポンサードリンク

黙々と手続きを済ませよう

運転免許の更新は、こんな流れで済ませていくことになります。

各受付での手続き(書類の作成、視力検査など)
 ↓
写真撮影と講習が始まるまで待機(待ち時間)
 ↓
写真撮影後、そのまま講習を受ける
 ↓
免許を受取って帰宅

まずは各受付を回って、書類の記入や視力検査を済ませていきます。
すると最後の窓口で、写真撮影と更新時講習の集合時間を告げられます。

後で調べてみたところ、各受付を回る道中で写真撮影も行う試験場もあるようです。わたしが行った光明池試験場では、写真撮影&更新時講習の時間はセットで割り振られているようですね。

ここまでの所要時間は、

9:00 試験場到着

9:30 手続き終了(集合時間を告げられる)

10:05 写真撮影・講習の集合時間

といった感じでした。
もっと時間かかりそうな雰囲気だったんですが、長蛇の列でも、意外にサクサク進んでたからでしょうか。職員の皆さんも、毎日のことなので人を捌くのがめちゃくちゃ早いです。


事務手続きが終わると、指定された集合時間まで、結構時間が空きます。
他の試験場等へ免許更新に行った人にも聞きましたが、待ち時間は30分~というのが、ほぼ確実なようです。

本だったりゲームだったり、何か暇つぶしを持っていきましょうね!

わたしの場合、テレビもない所で待っていたので、スマホに救われた感じです (・∀・;)

写真撮影と更新時講習について

集合時間になったら、説明の後、順番に写真の撮影が始まります。

一番乗りで撮影しようが、最後に撮影しようが、受ける講習の開始時間は同じなので、そんなに焦らなくていいですよ。

割とバタバタするので、身だしなみが気になる人は、さっきの待ち時間に整えておきましょう!

更新時講習の時間はどれくらいかかるの?

さてさて、ここで気になる講習の所要時間ですが、これはあなたの「講習区分」で変わってきます。

  • 優良講習(30分)
  • 過去5年間無事故無違反の方

  • 一般講習(1時間)
  • 過去5年間で軽微な違反を1回のみされている方

  • 初回講習(2時間)
  • 運転免許取得5年未満で、その間の違反が軽微なもの1回以下の方

  • 違反講習(2時間)
  • 上記以外の方

※過去5年というのは、
更新時の誕生日の40日前を基準として、それ以前の5年間のことです。

免許更新の費用は?手数料はいくらかかる?

更新に必要な手数料は、この通りです。
更新手数料は一律同じですが、講習手数料がそれぞれ変わっています。

<更新時手数料>
講習区分
更新手数料
講習手数料
合計
優良講習
2,500 円
500 円
3,000 円
違反講習
2,500 円
800 円
3,300 円
一般講習
2,500 円
1,350 円
3,850 円
初回講習
2,500 円
1,350 円
3,850 円

受付の際に金額分の証書を購入するので、あらかじめ必要なお金を用意しておきましょう。

講習って具体的に何をするの?

肝心の更新時講習の内容ですが、
職員の方から話を聞いて、途中でビデオを見て…
といった感じです。

これは講習区分が異なっても、流れそのものはほぼ変わらないようです。
なかなか睡魔を誘う時間でしたが、わたしは今回優良講習の30分という短い時間だったので耐えられました。
初回講習や違反講習では、これが2時間続きます。

初回講習は誰もが通る道ですが、それ以降はできることなら優良講習の30分で済ませたいものです。まぶたが重たくて、必死でこらえていましたから。ここだけの話ですけど。


ちなみに、これまた知人が去年「違反講習」に出たそうですが、優良講習と違って、職員さん達も結構厳しいみたいです。
確かに、違反=事故に繋がりかねないことなので、気を引き締める意味でも、厳しさが必要なのかも知れないですね…(´-`)

免許更新にかかる時間と当日の流れまとめ

無事に講習が終わると、そのまま、新しい運転免許証が配布されます。
これを受け取れば、あとは自由の身!おつかれさまです!

この日の流れを振り返ると、

9:00 試験場到着
 ↓ ↓ ↓
9:30 手続きが終了
 ↓ ↓ ↓
10:05 写真撮影・講習の集合時間
 ↓ ↓ ↓
10:30 講習開始(優良講習30分)
 ↓ ↓ ↓
11:00 新免許の配布、解散

といった感じでした。
ゴールド免許で、所用時間は約2時間ってとこですね。

試験場の受付時間開始に合わせて到着できていれば、講習に2時間かかったとしても、ほぼ午前中に更新作業は終えられそうです。
せっかくの休日を丸々更新に費やさないように、少し早起きをして、試験場に向かいましょう。

免許更新の通知が来たとき、この記事が少しでも参考になれば嬉しいです!