それが知り隊!~あなたの代わりにググります~

美容院で理想の髪型をオーダー!頼み方はコレが正解!


美容院へ出掛けたものの、

「こんなはずじゃ、なかったのに…!」(ノД`;)

と、美容院帰りにションボリしたこと…
あなたにも、ありませんか?

スポンサードリンク


わたしも以前、
ベリーショートの前髪に、チャレンジしたとき、

あまりの似合わなさっぷりに、鏡に向かって…

「時間よ、巻き戻ってーー!!!」

…と、念じたものです。(戻りませんでしたが)



わたしの妹も、実は美容師なんですが…

ちんちくりんの前髪で帰ってきた姉(筆者)の姿に、
空いた口がふさがらない様子でした(´ー`A;)



そこで、【美容院でのオーダーの仕方】について、
妹に詳しく聞いてみました!

すると、美容院でのオーダーで、理想の髪型になる為には、
ちょっとした頼み方のコツが、あるそうなんです。



ということで今回は、

同じ失敗を、二度と繰り返さないために…

「美容院で、理想の髪型をオーダーするコツ」

を、ご紹介します!


これで、美容院もこわくない!ヽ(≧▽≦)ノ

a0780_000216


美容院での理想の髪型の頼み方!


ついつい、やってしまいがちなのが、

「お任せします」

というニュアンスの、頼み方ですよねヾ(;´▽`A“


美容師さんが、自由にアレンジ出来ることもあって、

「よっしゃ、任せて下さい!」

…と燃える美容師さんも、一部いらっしゃいます。


ただ、ほとんどの場合、
美容師さんも、困ってしまうそうです。



お任せされた側からすると、

あなたが「どんなイメージ」をして
それを「お任せ」してくれているのか…

サッパリ、伝わらないんですよね。


それで、切り終わってから、
「イメージと違う!」なんて、言われてしまっても…(゚Д゚;)


そう、大事なのは「イメージ」なんです。


あなたの頭の中のイメージを、
美容師さんにも、共有してもらうこと。

それが出来れば、理想の髪型をゲットしたも同然です!


それでは順番に、
上手に、イメージを伝えるポイントを紹介していきますね♪


スポンサードリンク



理想通りの髪型になるオーダーは?


まずは、美容院に出掛ける前に、
【決めておくポイント】があります。

このポイントを、あらかじめ決めておくことで、
美容院でのオーダーが、グッと楽になりますよ~(@ ̄∀ ̄@)


icon-hand-o-right カットが始まる前に決めておくこと


icon-refresh どうなりたいかを決める

美容院に行ったら、まず最初に伝えて欲しいのが、

「あなたが、どうなりたいか」

…という部分です。


これが、オーダーで失敗しない最大のポイントなんです!


とは言え、イメージを伝えるって難しいので…

雰囲気をイメージできそうな、
そんなキーワードをいくつか選びました。


<雰囲気が伝わるキーワード>

かわいい、かっこいい、クール
セクシー、若返り、知的
男ウケする、モード系、モデル風
ナチュラル、ワイルド


こんなキーワードをヒントに、
あなたのイメージを、バッチリ!伝えましょう。



icon-refresh 切抜き持参はGood!

よく、ネットの知恵袋なんかでも、

「雑誌の切抜きを、 美容院へ持っていくのはOK?」


という質問を、見かけますが…

美容師さん側からすると、大歓迎!

イメージが具体的に伝わるので、
すごく参考になるそうです。


慣れないと、ちょっと恥ずかしいかも知れませんが…
これも、理想の髪型になるため!


堂々と、

「こんなカンジで!」

と、見せてあげて下さい(*´∀`)



◆◆◆


また、どうしてもイメージが決まらなくて、
【美容師さんにお任せしたい】という時も、あると思います。

そんなときは、
「これだけはイヤ!」という髪型や、
大まかな長さや、シルエットの希望は、伝えましょう。

その方が、美容師さんもやりやすくなります♪




美容院でのオーダーのポイント


イザ!、美容院へやってきたら、
上記で決めたイメージを、まず伝えます。

そして更に、こんなポイントも、忘れずに伝えましょう。


icon-refresh 髪質を伝える

美容院に行った翌朝から、
実際にセットするのは、あなた!

一人で簡単にセット出来るように、
あなたの髪質や悩みを伝えます。

たとえば…

「髪が柔らかい」「すぐ広がってしまう」
「生え癖が気になる」…などなど。

これに合わせて、
普段のセット方法や、セットにかけられる時間を伝えると…

よりベストな髪型を、提案してくれます!

a0001_015457

筆者はいつも、

5分で、セット出来る方法で!」

コテを使わずにすむように!」

…みたいな、ズボラなオーダーしています(´~`)

でも、それで簡単にセット出来るので、
とても楽チンです♪



icon-refresh 少し長めでオーダーする

意外と、切られ過ぎちゃうことってあるんですよね(´-`)


実際にオーダーした長さで、切ってもらうと…

「思ったより、短い!

なんてことが、よくありました。


それを避ける為に、
わたしは実際切ってほしい長さより、長めにオーダーします。


たとえば5㎝、切って欲しいときなら、
3㎝切ってください」と伝えます。

大体2~3㎝ほど、余裕をもたせれば安心です!



仕上がりの段階で、やっぱり長いかな~と思ったら、

「あともう少し、切ってもらえませんか?」

と言えばOKですから♪

a06b2c21a9f25eb6ebe11a18e65eb487_s

妹も言っていたのですが、美容師さん側からすると…

「実際に、自分の髪がどれくらいの長さなのか、
 分かっていない人が多い」

…のだそうです。


要望通りの長さで切ると、
「短いよ~」と言われてしまうとか…


よくある「〇センチ切って下さい」というオーダーの仕方は、
失敗のもと、かも知れないですね(-∀-`; )



◆◆◆


また、もしカットの途中で、
「アレ?」と思ったら、

遠慮せず、すぐに伝えるようにしましょう!

そこで「まあ、いっか」と、
面倒がってしまうのは、いけませんよ~


せっかく、ここまで来たんですから、
雰囲気に負けずに、ビシっ!と言っちゃいましょう。



まとめ


いかがでしたか?

今回紹介したポイントを参考に、
実際に、美容院でオーダーしてみて…

「イメージ通りの髪型だ!」

と思ったら、遠慮せず大絶賛してくださいね。

美容師さんも、鼻高々です♪

あなたが、納得のいくヘアスタイルをゲットできますように!


スポンサードリンク

↓タメになったらシェアをお願いします。知り隊の活力です!d(≧▽≦*)
URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す

*
* (公開されません)
*

Facebookでつぶやく


毎日の「気になる」を解決!

生活の知恵から、知って得するお役立ち情報まで…

「あれって何だっけ?」にお答えします!

Return Top