それが知り隊!~あなたの代わりにググります~

ゆず湯がピリピリ痛い!原因と対処法は?おすすめの入り方!


冬至に「ゆず湯」に入ると、
「1年中風邪をひかない」と言われていますよね~。

ゆず湯に入ると、身体もポカポカと温まって、
肌も、いつもよりスベスベになります。

でも…

ゆず湯に入ると、肌がピリピリして痛い!かゆい!

と感じたことって、ありませんか??(゚Д゚;)

スポンサードリンク


実は我が家でも、「ゆず湯ピリピリ痛い事件」は起きました。


数年前の冬至の夜に、
子供と一緒に、ゆず湯に入っていると…


なんだか、太腿やお腹のあたりがピリピリ

ムズムズするような、かゆいような…


気のせいかな~?と思っていたら、
子供が「足がヒリヒリする~!」とぐずって、
しまいには、泣き出してしまいました(-∀-`; )


すぐにお風呂から出て、
シャワーで流すと、ピリピリ感や痛みはなくなったのですが…

その後、ゆず湯に入った夫は、
全然ピリピリしなかった、とのこと。(´~`)ナンデ?



気になって調べてみると、
個人差はありますが、ゆず湯で刺激を感じる方って意外と多いようなんです。


ということで、今回の記事では、

ゆず湯がピリピリ痛い原因って?
ピリピリさせずに、ゆず湯に入る方法は?

冬至の夜に気になる、こんなところについて詳しくまとめました!


あのピリピリ感に、ちょっとゆず湯を敬遠しているあなたも、
この入り方なら大丈夫かも、ですよ~(*´∀`)


赤ちゃんがいるご家庭では、こちらの記事がおすすめです!
<関連記事>
「冬至のゆず湯!赤ちゃんはダメ?一緒に楽しめる入り方はコレ!」


ゆず湯が痛い原因って?


ゆずって、独特の良い香りがしますよね。

あの香りには、
心身の緊張を和らげて、リラックスさせてくれる効果があります。


ゆずの皮の部分から取れる成分に、
この良い香りが、含まれているんですよ(´▽`v)


ゆずは、ミカンやオレンジなどの柑橘類と同じで、
果物の皮の部分をよ~く見ると、
つやつやした「粒」があるのが分かります。

b5e4e67206d5db5bbad77a7b4432befb_s

この「油胞」の中に、良い香りのする「精油」が含まれているんです。



ゆず湯に入るときは、
ゆずを半分に切ったり、絞り汁を入れたりしますよね。

要はゆずの皮を、切ったり絞ったりして刺激することで、
精油を絞り出して、香りを満喫するわけなんですね。


ゆず湯は、良い香りを満喫してこそでしょ♪

…とちょっと欲張って、
ゆずを、ギュギュっと絞りたくなりませんか?(´ー`A;)

わたしはなります!(笑)



ところが、ゆず湯で肌が刺激を感じてしまうのも…

ゆずの皮に含まれる、
あの良い香りの「精油」が、大きな原因だったんです!


スポンサードリンク



ヒリヒリの原因は、精油?


このゆずの皮に含まれる「精油」には、
香りの成分だけでなく、油を落とす成分も含まれています。


肌が丈夫な人にとっては、
皮膚の余分な皮脂を取ってくれる、ありがたい成分なのですが…


乾燥肌や、敏感肌な人にとっては、
この成分が、必要以上に皮脂を取ってしまうんです(ノд`;)

393d9aff4d3dcb74bcd45e48b984b93c_s

そういえば、オレンジの天然成分を使った洗剤もありますよね~

あれも、柑橘類の精油を使っています。
凝縮されると、洗剤にもなるくらいの脱脂力なんです。


冬場に乾燥して、バリア機能が落ちたお肌や、
アトピーなどの敏感なお肌には、刺激が強すぎるのも頷けますね…



わたし自身も、昔は肌が丈夫だったのですが、
妊娠中から、敏感肌へ傾きつつあります。

ゆず湯に入って「ヒリヒリ痛い!」と泣き出した我が子も、
冬は、特に乾燥しやすい肌質なので…

二人とも、肌には刺激が強かったんでしょうね~(・ω・`)



でも、季節行事でもある「ゆず湯」。

ピリピリさせずに、どうにかして入りたいなあ…

…と思う気持ちも、捨てきれません。


…ということでお次は、
ピリピリを防いでゆず湯に入る方法を、ご紹介します!




ゆず湯でピリピリしない入り方!


わたしが実際に試してみて、
ピリピリしなかった、ゆず湯の入り方はコレです(´▽`v)


icon-hand-o-right ゆずを湯通しする!

<入り方>
  1. ゆずを半分、または輪切りに切る。
  2. お湯を沸かした鍋に、切ったゆずを入れる。
  3. 再び沸騰してくるまで、少し茹でる。
  4. 茹でた柚子を、お風呂へ入れればOK!

これは、祖母から聞いた入り方です。


「ゆずを…茹でるの!?」と、最初は半信半疑だったのですが…

本当に肌のピリピリ感がなくなって、
最後まで、のんびりと浸かっていられました。


一度茹でているので、ゆずの香りは少し飛んでしまいます。
それでも湯船に浮かべていると、だんだんと良い香りが漂ってきますよ。




また、いつものゆず湯でも、
入り方にちょっと気を付けるだけで、刺激を抑えることもできます!


ポイントは、

  • ゆずを切らずに、丸ごと浮かべる
  • 湯船でゆずを揉まない、刺激しない!

こんなところです。


そういえば、子供と一緒に入ったときも…

子供が面白がって、ゆずをグニグニといじっていた後から、
肌がピリピリと痛くなってきた気がします(´ー`A;)


ゆずを揉んだりして刺激すると、
確かに、香りは一気に良くなります。

ただ、肌を刺激する成分も一緒に浸み出してしまいますからね~


お肌のピリピリが気になる方は、
静か~に、湯船に浮かんだゆずを眺めておきましょう!




まとめ


いかがでしたか?

今回ご紹介した方法で入っても、
どうしても、肌がピリピリしてしまう場合は…

お湯を張った洗面器に、
輪切りにしたゆずを浮かべて、香りだけを楽しむのもオススメです。

湯船に浮かべなくても、充分ゆず湯気分に浸れますよ!


ゆずパワーで、身体の芯までしっかり温まって、
寒い季節を乗り切りましょう!


スポンサードリンク

↓タメになったらシェアをお願いします。知り隊の活力です!d(≧▽≦*)
URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す

*
* (公開されません)
*

Facebookでつぶやく


毎日の「気になる」を解決!

生活の知恵から、知って得するお役立ち情報まで…

「あれって何だっけ?」にお答えします!

Return Top