それが知り隊!~あなたの代わりにググります~

洋食のマナー!フォークやナイフの使い方はこれでバッチリ!


ホテルのレストランでのお食事や、
結婚式の披露宴に招待された時に、出てくるのが…

見るも眩しい、コース料理の数々!!

早くたべたーい!

の、その前に。

スポンサードリンク


かしこまった雰囲気での食事って、緊張しませんか?(´∇`;)

そして、意外と「合ってるかな?」と気になるのが、
ナイフやフォークを使う、洋食のテーブルマナーです。


例えば、
これが気合いを入れたデートだったりすると…


知らず知らずにやってしまった間違ったマナーに、

「この子、そんな事も知らんのか…!」

なんて、相手にがっかりされてしまう可能性だってあります。


それがきっかけで、
会話もギクシャクしてきたりして…(゚Д゚;)


まあ、個人的には、
マナーのひとつやふたつ間違えたくらい、
「うっかりしちゃった☆」で、済ませていいと思うんですけどね。

かといって、フォークもナイフも使わずに、
いきなり、手掴みでワシワシと食べ始めたら…

さすがに、千年の恋も冷めそうです(ヾノ・∀・`)ムリムリ

a1180_009485

そこまで、ワイルドじゃないあなただと思いますが、
洋食のテーブルマナーは、覚えておけば役立ちます!(*´∀`)

そこで今回は、
覚えておきたい、洋食のテーブルマナー!
フォークやナイフの使い方について、詳しくご紹介します!



洋食のマナー!イギリス式とフランス式って?


洋食の席では、いつものご飯も、
お皿にキレイに盛り付けられて、出てきますよね。

ほんとは、お箸で食べたいんだけどな…

と思いながら、フォークでライスを取ると…


「あら!フォークの使い方が違うわよ?」
「ライスを【フォークの背に乗せる】のが、正しいのよ!」


なんて、指摘された経験がある人ー!

はーい!!(筆者)


でも、わたしが読んだ洋食マナーの本には、
普通に【フォークですくって食べる】って、書いてたのに!

どっちやねーーん!!!
ヽ(`Д´)ノ



フォークで、ライスを食べるときに、
よく聞く問題が、コレです。


この問題が、たびたび勃発するのは、
深い理由がありまして…

実は、テーブルマナーには
イギリス式と、フランス式の、ふたつがあるんです。


日本ではこれまで、
イギリス式が公式のマナー、とされてきました。

(例えば…【フォークの背にライスを乗せる】のは、イギリス式なんです)

現代は、フランス式のマナーも取り入れられていて、
どちらが正しいと言えない、のが今の日本なんですよね。

a1180_009487

なので今回は、

「イギリス式と、フランス式…どっち?」

と、難しく考えるのは、少し置いておいて…


まずは、それぞれの基本を押さえた、
「現代流の基本のテーブルマナー」をご紹介します。


途中で、イギリス式とフランス式の違いも出てきますが
「そうなんだ~」くらいな気持ちでOKです。


また、この違いも、結構面白いものなので、
レストランでの食事中に、話のネタなんかにするのもおすすめですよ(@ ̄∀ ̄@)


まずは基本から!
ナプキンの使い方やパンの食べ方は、こちらの記事をどうぞ♪

<関連記事>
テーブルマナー!ナプキンの使い方は?パンはいつ食べる?


スープの飲み方


基本的に、スープはスプーンで飲みます。
取っ手の付いたカップの場合のみ、手で持ってOKです。

a1180_010133

スープが熱い場合は、
スプーンで、スープをかき混ぜたり、
スープの表面を、スプーンでなでるなどして冷やします。

普段のように、息をふーふーかけて冷ますのはNGです!

icon-hand-o-right 英仏マナーの違い

スープの飲み方にも、
イギリス式とフランス式の違いがあります。

  • 「イギリス式」
  • スープは、手前から奥へすくう。
    スプーンは、口に入れない。

  • 「フランス式」
  • スープは、奥から手前にすくう。
    スプーンは、口に入れてOK。

ご覧のように、真反対です(笑)
完全に対立しているようにも……いえ、なんでもありません。

どちらでも、お好きな方を選択して構いませんよ~




ナイフとフォーク!基本の使い方


さてさて、スープの次からは、
ナイフとフォークの出番です。

正直、ここが一番悩ましいですよね…

a1180_005125

まずは配置を確認

お皿を中心にして、
フォークが左側、ナイフやスプーンなどは右側、と決まっています。

外側から順番に使うのが基本です。

もし使い間違えても、焦らない!
ウェイターが、新しく補充してくれます。


基本のマナー

料理はフォークで押さえて、
左側から、ナイフで一口大に切って食べます。

食べ物は、必ず一口大の大きさにしてから、口元へ運びましょう。
かじってお皿に戻すのは、NG!

a0777_000050

まとめ切りは、いけません

また、肉類などが出てきたときに…

先に、すべて一口大に切っておくのは、よろしくありません。

料理が冷めてしまったり、
せっかくの肉汁も、流れ出ちゃいます。

ひと口ごとに切って、美味しくいただきましょう(*´∀`)


icon-hand-o-right 英仏マナーの違い

ナイフやフォークなどの使い方でも、
イギリス式とフランス式では、大きな違いがあります。

2894b1da975d3ca6b00ec4c0bbb9a0e1_s

イギリス式マナー
  • フォークの背に、料理をのせる
  • 表に乗せるのはNG
  • ライスも同じく、フォークの背にのせる
  • フォークを右に持ち替えるのは「ジグザグeating」と呼ばれNG

フランス式マナー
  • フォークの背に料理をのせるのは、ハシタナイ!NG!
  • フォークの表で、料理をすくって食べるのが基本
  • フォークを右に持ち替えるのはOK
  • フォークを裏表、自由に使ってOK

個人的には、食べやすいのはフランス式です。
食事に出掛けた時も、自然とこちらを使うようになりました(・∀・)

スポンサードリンク


食事が終わったら…


食べ終わったら、

フォークは背を下(お皿側)に、
ナイフは刃を内側、に向けます。


食器を揃えるのは、食事が終わった合図です。

タテに揃えるのが、イギリス式、
ヨコに揃えるのが、フランス式です。


日本ではこの写真のような、
どちらとも取れる、「斜め置き」が人気のようです。

26508847be54743e3200c5f5bccdede2_s

うまいことを考えたなあ…、と、
テーブルマナーについて調べたときに思いました(笑)


どれでも、お好きな方で揃えましょう!



フォークの使い方!背と腹、どっち?


ひとまず、基本のテーブルマナーをご紹介しました。


なんですが!

冒頭でもご紹介したように、

「ライスって、どうやって食べるのが正解?」

と気になっている人が、実は多いのではないでしょうか。

  • ライスはフォークの背に乗せる?
  • それとも、フォークの腹に乗せる?
  • フォークを持つのは左手?それとも右手

a0006_001580
(お箸でいいじゃん、とは言わずに!)

正解は…


実は、どれも間違いではありません!


まず、冒頭でのお話で、
わたしが指摘されたように…

「ライスを、左手のフォークの背に乗せて食べる」

これは、イギリス式のテーブルマナーです。


フォークを裏返して使うことは、
イギリス式の洋食マナーでは、タブーになっています。

もともと、洋食圏にはなかった「ライス」。

日本へ、洋食マナーが取り入れられるときに、
イギリス式が応用されたのが、その由来です。


40年ほど前までは、
「これが本来のマナーである」とされていました。


しかし、近年になって日本が、
フランス式のマナーを取り入れ始めたことから…


イギリス式の食べ方は、
だんだんと、廃れてきています。

現在は、年配の方に若干見られる程度です(・ω・`)


また、この食べ方を「マナー違反だ」とする人も増えてきているので、
状況に応じて、臨機応変に使い分けるのが良いと思いますね。

2e8d0d9702649f6bb13eefdb1a2a7476_s

ちなみに、フランス式では、
ライスを、左手のフォークの腹側に乗せて食べます。

フォークを右手に持ち替えても、OKです。


確かに、両手を使えるのは便利ですよね~。


形式だけがテーブルマナーではありません


以上、洋食のテーブルマナーについてでした。

これで、迷いがちなフォークやナイフの使い方はバッチリです!


ただ、テーブルマナーが気になり過ぎて、

「料理の味も、
 会話も全然ダメだった!」


なんてことにならないように、気を付けてくださいね(v´∀`)ハ(´∀`v)


スポンサードリンク

↓タメになったらシェアをお願いします。知り隊の活力です!d(≧▽≦*)
URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す

*
* (公開されません)
*

Facebookでつぶやく


毎日の「気になる」を解決!

生活の知恵から、知って得するお役立ち情報まで…

「あれって何だっけ?」にお答えします!

Return Top