それが知り隊!~あなたの代わりにググります~

本日の人気記事

Sorry. No data so far.

ボジョレーヌーボー!解禁日の意味は?なぜこんなに人気なの?


毎年、解禁日が注目されるボジョレーヌーボー

11月になると
ニュースでも、あっちこっちで取り上げられますよね~!

スポンサードリンク


テレビでも毎年、
ボジョレーヌーボーの解禁日の様子が、報道されています。

世界各国のファンは、そりゃもう大騒ぎです!!
( ・∀・)っY☆Yc(・∀・ ) カンパーイ


でもそこまで、
ボジョレーヌーボーに、詳しくない人からすれば、
こんな疑問が出てきます(´~`)

なんだか毎年、すっごい注目されてるみたいだけど…

ボジョレー「解禁」って、どういう意味?
そもそも、ボジョレーヌーボーって何なの!?

そんなに大騒ぎする理由って、なに??


気にはなっているけど、
世間のお祭りモードに、聞くに聞けない…

今回は、そんな疑問に詳しくお答えします!


知られざる、ボジョレー誕生の秘話

実はそんな小話もあるので、
ぜひ、周りの人にも教えてあげて下さいね(@ ̄∀ ̄@)


きっと、
「どうしてそんなに詳しいの?」
と、驚かれますよ~♪


ボジョレーヌーボーの意味とは?


まずは、

ボジョレーヌーボーとは一体、なんなのか?

そこから、ご説明していきますね(*´∀`)



「ボジョレー」という名前は、
フランス・パリの東南に位置する地区の名前です。

vineyard-102072_640

その地区は、なだらかな丘陵地帯なので、
「美しい高台」を意味するボージュ(Beauje)が、
その名前の意味となっています。


そして、
「ヌーボー(Nouveau)」「新酒」を意味します。


ボジョレーというワイン産地」で作られた、
出来たて」のワイン

  ↓ ↓ ↓

それが、「ボジョレーヌーボー」!!


icon-hand-o-right ボジョレーになるには決まりが!

とはいえ、
ボジョレー地区で採れたからと言って
全てが「ボジョレー」を名乗れるわけではないんです。

grapes-2488_640

ボジョレーを名乗ることのできるワインは、
ぶどうの種類によって、決まります。


「ガメイ種」という、
ぶどう品種を使用したものだけに、限定されています。

法律で、しっかり規制されているんですよ!


icon-smile-o ボジョレー誕生秘話!!

ガメイ種は、
栽培がしやすく、収穫量が多いぶどうの品種です。

しかし、当時栽培されていた地域では、
土壌に合わず、酸味が強くて薄いワインしかできませんでした。


当時、その国を統治していたフィリップ公は、
この美味しくないガメイ種のワインが、大嫌い!!( ゚д゚)、ペッ


そして遂には、

「こんなマズイものは、
 作るをやめてしまえーーっ!!」

と、その地域でガメイ種を栽培することを、
禁止する命令を、出してしまいました!

tuscany-428041_640

引き抜かれたガメイ種のブドウは、
南のボジョレー地区へ、移植されることになり…

それが、
現在のボジョレーワインの始まりになりました。



幸いにも、ボジョレー地区の土壌は、
ガメイ種ととても相性がよかったんです!


ボジョレー地区に植えられた途端に、あら不思議!


糖分が豊富で、酸味もしっかりと生きた、
美味しいブドウが実りました。ヽ(・∀・)ノ


追放された品種が、始まりだったとは…
ボジョレーヌーボー誕生には、こんなストーリーがあったんですね。

なんだか、感慨深いです…(´∇`;)

スポンサードリンク



ボジョレー解禁ってどういう意味?


さてお次は、秋になると耳にする、


ボジョレー解禁!


という言葉についてです。


その年に作られたボジョレヌーボーが、
世にお披露目されるのは、毎年11月の第3木曜日

この解禁日は、世界共通です。


「毎年、この日にならないと飲めない!」

…という縛りがあることも、
盛り上がる理由の1つかも知れないですね。

a62a63b0760ae85d3dc9001d81531c84_s

icon-hand-o-right なぜ解禁日があるの?

このボジョレヌーボーの解禁日制度は、
1967年に、フランス政府によって定められました。

メーカーの「早出し競争」による、
ワインの品質低下を防ぐために、設けられたんです。


「早出し競争」って何?(・ω・`)

という声に答えて、
簡単に、ご説明すると…こんな感じです。


「おい、ボジョレーヌーボーは売れるぞ!

「じゃあ、うちも売り出そうよ!」

あっちの店よりも早く出せば、もっと売れるんじゃないか?!」

「じゃあちょっと早いけど、売っちゃおう!(ノ`Д´)ノ 」


こうやって、

「ボジョレーヌーボーがよく売れる!」

と気づいたメーカーが、
いかに早く売り出すかの競争を始めたんです。


最初は、ちょっとした小競り合い程度だったんでしょうが、
どんどん、競争は白熱していき…


最終的には、

ワインとして、
まだ出来上がっていないものまで、出荷される事態に…

この事態を重く見た政府が、早出し競争を禁じるために、
「解禁日」が設けられました。

77a2287a3b2a2de2bbc5949c0f53a52d_s

icon-hand-o-right どうして11月の第3木曜日なの?

当初、解禁日は11月15日だったそうです。


しかし、この日が週末になった年には、

解禁日なのに、モノがない!

という、トラブルが起こってしまいました。



その理由は簡単で、
ワインを運搬する業者さんも、仕事休みだったからです(´∇`;)


その為、
1985年からは、11月の第3木曜日に改定されました。


メーカーさんや業者さん、
それぞれの都合を合わせた結果、この日取りになったんですね~




どうしてこんなに人気なの?


本当に美味しいワインとは、
温度管理を充分に徹底した、年代物のもの。

ワインといえば、
そういったイメージも強いですよね。


なのにどうして、
「新酒」のボジョレーヌーボーは、こんなに人気になるんでしょうか?


諸説あるのですが、
わたしが「なるほど!」と腑に落ちたのは…


fa-check-square-o 日本人の新しい物好きにフィットした

古い言葉ですが、江戸時代には
「女房を質に入れてでも初鰹」なんて格言がありました。

それくらい、初物(新しいもの)には飛びつけ!ってことですね。

ボジョレーヌーボーの解禁は、
そんな日本人の気質に、ぴったり合ったイベントなんでしょうね。



fa-check-square-o 味より、毎年恒例のイベント感覚

クリスマスのシャンパンや、
お正月に神社でもらう甘酒みたいな、そういった感覚に近いのかも。

解禁日を話のタネにして、
みんなで、飲みに行くきっかけになったりしますしね(*´∀`)

de506cd429aa06fa2297ccc795b79b0b_s

一方、生産国のフランスでは、
ボジョレーヌーボー自体は、日本ほどチヤホヤされません。

その年のぶどうの出来栄えを、
いち早く知れる機会として、飲んでいるそうです。
いわゆる、「試飲用」のワインなんです!


同じワインでも、
国が変わると、ここまで変わるものなんですね~…(´~`)



まとめ


いかがでしたか?

ざっくりまとめると、

  • ボジョレーヌーボーとは
  • ボジョレー地方で作られた、出来立てのワインという意味。
    ガメイ種というブドウが使われる。

  • 解禁日は、ワインの品質を守るため
  • 人気なのは、イベント好きの日本人に合っているから
  • ボジョレーは、試飲用のワインだった

こんな意味や秘密が、
ボジョレーヌーボーにはあるんですね!


普段はワインを飲まない人でも、
今年のボジョレーヌーボーを、味わいながら…

その歴史や、意味なんかを思い浮かべると…
美味しさも更にアップしそうですね!(v´∀`)ハ(´∀`v)


スポンサードリンク

↓タメになったらシェアをお願いします。知り隊の活力です!d(≧▽≦*)
URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す

*
* (公開されません)
*

Facebookでつぶやく


毎日の「気になる」を解決!

生活の知恵から、知って得するお役立ち情報まで…

「あれって何だっけ?」にお答えします!

Return Top