それが知り隊!~あなたの代わりにググります~

本日の人気記事

Sorry. No data so far.

シンドラーに救われた少年のあらすじ・感想のポイント


2016年高校生向け課題図書に選ばれている「シンドラーに救われた少年」。

タイトルの「シンドラー」という名前に、
あの映画を知っている人は「おっ?」と思ったのでないでしょうか。

今回は「シンドラーに救われた少年」のあらすじ、
その感想のポイントについて、まとめました。

スポンサードリンク

あらすじ

「シンドラーのリスト」に載ったことにより、
ホロコースト(ナチスによるユダヤ人大量虐殺)を、
無事に生き延びることができた、当時10才の少年の証言。

シンドラーに救われたユダヤ人の中で、
最も若かったレオン・レイソンの言葉で、物語は始まる。


平穏な日々は、彼が10才の時に激変した。

ナチのポーランド侵攻によって街は一変し、
街中には、ユダヤ人を侮辱するポスターが貼られ、
レオンは学校にも行けなくなり、遂にはユダヤ人居住区へ。


ドイツ人実業家のオスカー・シンドラーが経営する工場に、
(シンドラーについては後述します)
父親が勤めていたことから、最低限の暮らしは保証されていたレオン。

とはいえ、決して安全とは言えない環境だった。


シンドラーが工場でかくまう形となったレオン達を、
ドイツ兵のユダヤ人一斉検挙の手が迫る。

怒鳴り声、叫び声、銃声が響く中、
隠れるユダヤ人を見つけ出す役目のジャーマンシェパードが吠え立て、
見つかった人々は、慈悲を求めて叫び始める。

ドイツ兵士はその声を無視し、無差別に殺し続けた。
レオンは両耳を塞いで、人々が懇願する声から逃れようする。

image004

そして、まさに地獄といえるような収容所に、レオン達は送られる。

「不毛で、悲惨で、混沌とした場所」だったと、
プワシュフ収容所について、レオンは後に語っている。


労働中に負った傷の手当に診療所へ寄り、
手当てを終えて、レオンが診療所を出た直後に、悲劇が起こる。

収容所の所長であるSSのアーモン・ゲート大尉がやってきて、
なんの理由もなく、その場にいた全員を射殺した。

殺されたユダヤ人達には何の落ち度もなく、
ただの所長の気まぐれ、としか思えない行為だった。

その光景に震え上がるレオンを他所に、
遠くからその様子を見ていた、ナチスの監督官が、
所長たちが殺したユダヤ人の数を、楽しげにささやき合っていた。
まるで、サッカーの試合の点数のように。

誰かが「今日の合計は?」と聞く。
すると「ユダヤ人が12、ナチスはゼロだ」と答えた。


この惨状を知ったシンドラーは、
その知恵と財産を駆使して、ユダヤ人達を救おうとする。

収容所所長にわいろを掴ませ、
ユダヤ人達を収容所ではなく、
自分の工場で働かせたほうが効果が上がる、と
言葉巧みに説得をした。

当時権力を握っていたナチスの高官や、
地物警察などにも、自分の主張が拒絶できないほどの高額なわいろをばらまき、
時にはパーティを開いて、彼らに取り入って行った。


ナチスにとっての自分は「ユダヤ人の一人」でしかない。
そう感じていたレオンは、
自分の名前を覚え、話し掛けて気遣ってくれるシンドラーの存在に、
ナチスに壊されかけていた、
自己のアイデンティティを、取り戻し始める。

スポンサードリンク


この本をより理解するためには、
映画「シンドラーのリスト」を見ておくのがおすすめ。

監督は、あの有名なスティーブン・スピルバーグです!


映画「シンドラーのリスト」のあらすじ、概要

第二次大戦下のドイツ。実業家シンドラーは軍用ホーロー器工場の経営に乗り出し、ゲットーのユダヤ人たちを働かせた。やがて彼は、ユダヤ人たちを強制収容所送りから救うのだった。

実在の人物オスカー・シンドラーを中心に、
ナチによりホロコーストを描いた作品。

第二次世界大戦中に、
ドイツ人実業家のオスカー・シンドラーが、
自身の経営する工場の、ユダヤ人従業員1000人を救う物語。

ナチの狂気から、ユダヤ人を救おうとした姿に、
感動を感銘を受けることは、まちがいなし。

木箱の上に乗って働いていた少年が、
この「シンドラーに救われた少年」で描かれる、レオン・レイソンなのです。


感想のポイント

この「シンドラーに救われた少年」の感想を述べる最大のポイントは、
主人公であるレオンの意志の力

何もかもを奪われ、
絶望に放り込まれた幼い少年が、
どうやって、生きる意志を取り戻したのか。

その過程には、必ずあなたが共感できる部分があるはずです。

これ以上、悪いことが起こりませんように…!「シンドラーのリスト」に載った最年少のユダヤ人による証言録。ユダヤ人大虐殺の過酷な体験を生き延びた少年と家族。「最悪の状況で最善のことをした」ごく普通の人間=シンドラーの本当の勇気とは、何だったか?


そして、テレビや当時の映像では分からなかった、
ユダヤ人達に起こった出来事のリアリティには、差し迫るものがあります。

現場を体験したレオンが語る言葉というのは、
どんな映像作品よりも、私たちに訴える力が強いですから。


この本を読み進める中で、
「こんな現実があったのか」「酷すぎる」
衝撃を受ける場面は、たくさんあります。

どのシーンで、あなたがどう感じたのか。
れを感想として言葉に表すのも、大きなポイントです。

戦争を知らない私たちが、
当時10才だった少年の証言を聞き、何を思うのか。

こんな惨い戦争を起こさないために、
私たちが出来ることは?


これを突き詰めていくのも大切ですね。


スポンサードリンク

↓タメになったらシェアをお願いします。知り隊の活力です!d(≧▽≦*)
URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す

*
* (公開されません)
*

Facebookでつぶやく


毎日の「気になる」を解決!

生活の知恵から、知って得するお役立ち情報まで…

「あれって何だっけ?」にお答えします!

Return Top