それが知り隊!~あなたの代わりにググります~

本日の人気記事

Sorry. No data so far.

妊娠中に飛行機で沖縄旅行!4つの対策で快適ラクに♪


飛行機で帰省するんだけど…
妊娠中に、飛行機に乗ったことってある?


先日、妊婦の友人からこんなことを相談されました。


お腹に赤ちゃんがいる間でも、
帰省だったり旅行だったりで、飛行機に乗ることもあると思います。


何を隠そうわたしも妊娠中に、
沖縄へ飛行機で行った経験、ありますヽ(・∀・)ノ

親友の結婚式に出席するためだったんですが、
子供が生まれてからだと、

「しばらくは旅行どころじゃないのよ~大変よ~」

…と先輩ママ達に言われていたこともあって、
夫婦二人の思い出作りに、沖縄へ行っておきたかったのもあります(笑)


よく、

安定期なら飛行機に乗っても大丈夫!

なんて聞きますが、具体的にいつ頃なの?って思いませんか?


ということで今回は、

妊娠中の旅行に最適な安定期の時期や、
飛行機に乗るときの「これで楽に過ごせた!」という工夫などなど。

私の妊娠中の沖縄旅行の経験をもとに、まとめてみました。

お腹に赤ちゃんがいるけど、
飛行機に乗ってもいいのかな~?と思っているプレママさんは、
ぜひ参考にしてみて下さいね(´▽`v)

スポンサードリンク



旅行に行っていいのは妊娠何ヶ月?


いわゆる「安定期」が、妊娠中の旅行に適した時期になります。

妊娠5~7ヶ月、16週~28週が、
一般的に「安定期」と呼ばれている時期ですね。

941b7dc0f1e59aea7d06801fb2682f8b_s

「なんで安定期だと大丈夫なの?」

…と、夫に聞かれたことがあるのですが、

お腹の中で、赤ちゃんのための胎盤が完成するのが妊娠15週目あたりなんです。


胎盤がしっかり作られたことで、自然流産のリスクが下がることから、
安定期と呼ばれているんですね。


それ以前は「妊娠初期」と呼ばれていて、
まだ胎盤がしっかりと作られていない時期です。

そのことから、ちょっとした身体の負担などでも、
自然流産の可能性を高めることもあり得ます。


なので、

妊娠初期はできるだけ身体に負担をかけないのがベター
旅行なども、胎盤が安定する妊娠5~7ヶ月に計画するのが安心

…と言えますね。


※もちろん個人差がありますので、
妊娠中の旅行や飛行機への搭乗については、
まずは一度、かかりつけのお医者さんに相談しましょう。



ちなみに、私が飛行機で沖縄に行ったのは、
妊娠6ヶ月の時期でした。



あと、

そもそも、妊娠中って飛行機に乗れるの…?

5295e444214bceee22beb9e98a5f20cd_s

…と、冒頭に出てきた妊婦の友人に聞かれたのですが、
安定期なら特に制限はかからないので、ご安心下さい。


ちなみに、全日空と日本航空のホームページで、
乗車制限について調べてみましたが…


どちらも、


『出産予定日より28日以内の搭乗については、
 医師の診断書が必要になる』


という記載のみでした。


母子ともに影響しにくい安定期中の利用であれば、
特に問題はなさげですね( ̄▽ ̄)b

スポンサードリンク



妊娠中の飛行機内で私がやった4つのこと


妊娠中って、
ちょっとしたストレスでも体調を崩しがちになりませんか?


私の場合、沖縄へのフライトだったので2時間程度でしたが…

たかが2時間、されど2時間といった感じで、
やっぱり色々と不安にはなりました(´-`)

ということで、
搭乗前にできそうな対策は、一通りやっていきました!


その中でも、
やっておいて良かったなーと感じたのは、まずこの2つ。



icon-hand-o-right1. 予約時、又は搭乗前に妊娠中であることを伝える

これは夫が気を利かせてやってくれた事なのですが、
なんと、優先搭乗させて頂けました。

そんなつもりじゃないのにー!って感じだったのですが、
正直、とっても助かりました。


航空会社によって異なるかもしれませんが…
並んで待っている間に、気分が悪くなることもあるので、
事前に伝えておくのが良いと思いますよ。



icon-hand-o-right2. 座席指定は通路側&トイレのそばに

これはネットで見かけたアドバイスでして、

窓側の席だと、他の人の前を通ることになるので、
お腹がつっかえてしまう可能性があります(´-`)


その点、通路側の席だと座りやすいですし、
調子が悪くなりそうなときでも、乗務員さんに声を掛けやすいです。


また、お腹が大きくなってくるにつれて、
トイレがすっごく近くなることも起きやすいんです。

これは、膀胱が圧迫されるからだそうですが…

行きたい時にすぐ行けるように、
トイレに近い席だと色々安心ですよね。



そして、飛行機に乗ってからは
この2つで快適さをアップさせましょう!


icon-hand-o-right3. クッションが予想以上に使える

ひざ掛けやクッションは、ぜひ貰っておきましょう。

冷え防止はもちろんですが、

クッションを座席シートと腰の間に挟んでおくと、
長時間座っていても腰が疲れず、お腹もラク~に過ごせます。

ひざ掛けを丸めて、クッションの代わりに使ってもよしです。



icon-hand-o-right4. プチ運動で血行促進

妊娠中、足のむくみに悩むことも多いですが、
数時間座りっぱなしだと、結構ツライことになってきます。

血行が悪くなっていると起こりやすくなるそうで、
足先の冷えや、エコノミー症候群なんかも気になりますよね。


わたしが飛行機の中でやったのは、

気が付いたときに、膝下をちょっと動かす

ということ。
これがねー、結構効くんです!


足首をくるくる回したり、
かかとを上げ下げしたり、膝から下をぶるぶるっと揺らしたり。

そこまで本気でやらなくても大丈夫ですが(笑)、
これくらいのプチ運動で、足の血行がかなり良くなりました。


飛行機の中だけでなく、
普段の生活の中でも出来るので、脚の冷えや浮腫みが気になるときは
ぜひやってみてください♪



まとめ


それでは今回のまとめです!

  • 妊娠中の旅行は安定期(妊娠5~7ヶ月頃)に
  • 予定日から28日以前であれば、飛行機の搭乗制限は無し
  • 飛行機で快適に過ごすために…
  • ①事前に妊娠中であると航空会社へ伝えておく
    ②座席は通路側、なるべくトイレに近い位置がベスト
    ③クッションを上手に使う
    ④着席中はプチ運動で血行促進

ご自身の体調に合わせて、妊娠中もお出かけしましょう♪
快適な空の旅へ、どうぞ行ってらっしゃい!


スポンサードリンク

↓タメになったらシェアをお願いします。知り隊の活力です!d(≧▽≦*)
URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す

*
* (公開されません)
*

Facebookでつぶやく


毎日の「気になる」を解決!

生活の知恵から、知って得するお役立ち情報まで…

「あれって何だっけ?」にお答えします!

Return Top