それが知り隊!~あなたの代わりにググります~

本日の人気記事

Sorry. No data so far.

アムステルダムの治安は?オランダのカフェには要注意!?


つい最近のことなんですが、
職場の上司の奥さんが、「オランダに行きたい」と言っているそうで…

オランダといえば…

国立博物館や、ゴッホ美術館があったり、
風車のある田園風景、なんかが有名ですよね。


行けばいいじゃないですか!!(´∀`v)


と、後押ししかけたところ

「行きたいけど、治安が心配なんだよね…」と、上司が一言。


あれ?オランダって…

治安が良くないんでしたっけ?

スポンサードリンク


海外旅行に出掛けるとき、
観光地や現地の美味しい食べ物、なんかも気になりますが

いちばん気にしたいのは「治安」です!


特に、女性同士の旅や一人旅では、
予期せぬトラブルに巻き込まれる、なんてことも。


出発前には、
よーく旅行先の地域の治安について、調べておくと安心です!

その地域ならではの「決めごと」が、あったりしますからね。

the-netherlands-97830_640
(こんなに平和そうなのに…)


というわけで、
今回は、オランダにクローズアップ!


オランダの首都、
文化と娯楽の街、アムステルダムの治安について調べてみました。


アムステルダムでは、コーヒーが飲みたくなっても、
「コーヒーショップ」の看板のあるお店には、行ってはダメ!?

その理由についても、ご紹介します!



オランダのアムステルダムの治安


アムステルダムという街は、オランダ文化の中心地です。

数多くの芸術作品や、建築物が存在していて、
娯楽が盛んな、華やかな賑やかさがあります。


また、アムステルダム中央駅の赤レンガの駅舎は、

日本の主要駅…
東京駅の赤レンガ駅舎のモデルになったとも言われているそうです。

amsterdam-100543_640

おお~。

是非、行ってみたい!


と、思う気持ちも湧いてくるかも知れませんが…



まず、知っておいてもらいたいのが、
アムステルダムでは、
大麻の所持と喫煙、売春が合法です。


それゆえに、

「アムステルダム=ドラッグと風俗の街」

というイメージが定着していたり、など…

(知ってる人は、知っているみたいですね~)


こういったウラの顔を聞くと、

ちょっと、治安に気をつけねばいかんな

…と思いますよね(゚Д゚;)



アムステルダムの独特な文化


それでは!
他国ではあり得ないような、アムステルダムの特徴に迫ってみましょう。


◆◆ 大麻の所持、喫煙が合法

アムステルダムが他の都市と、
決定的に違うことの一つに、これが挙げられます。

他の大都市でも、アムステルダムのように
堂々と合法化しているところはないと思います。


「ダメ!」と言われると、
ついやってみたくなるのが人間の性なので…

その習性を逆手にとった制度、なのかも知れないですね。


LIG_h_agentudewokusari500s



ドラッグが合法とはいえ、
種類は規制されているようです。

ハードドラッグは全て違法だそうですが、
(運び屋さんなどが運ぶ種類のアレですね)

制限付きで、ソフトドラッグは合法化されています。

街のコーヒーショップでは、
コーヒーと並んで売られていたりするそうです。Σ(゚Д゚ノ)ノホンマ!?



◆◆ 売春も合法

アムステルダムで有名なものの一つに、「飾り窓」があります。

名前だけを聞くと、
「どんな美術品かな?」なんて、思ってしまいそうですが…

売春宿が集まっている地区のことなんです!

amsterdam-2551_640
(暗くなると、こんな風景が…)

売春宿には大きな窓が取り付けられ、
ピンク色のネオンで照らされている風景は、圧巻。

殿方の世界ではありますが、
観光化されていて、夜でも沢山の観光客が歩いているそうですよ。



この二つを聞いただけで、
アムステルダムが、いかに独特な街なのか…

それがなんとなく、伝わってくる気がします。

一般の観光地よりも、
より一層、治安には注意したいのも分かりますよね。

スポンサードリンク


アムステルダムで安全に過ごすための6ヶ条!


ということで、決して治安が良いとは言えないアムステルダム。

では、実際に観光に出掛ける場合は
どういった事に、気を付ければ良いのでしょう。


それぞれ注意したい点をまとめました。



1. 中央駅周辺は持ち物に注意

特にスリや引ったくり、が多い地域です。

街頭では、ミュージシャンや大道芸がたくさんいます。
目を奪われがちなので、特に注意しましょう。



2. 「警察だ。荷物(パスポート)を見せろ」と言われたら…

これは、よくあるひったくりのひとつです。

警察官の制服を着た人が
「パスポートを見せろ」と、気を引いている間に、
その相棒がバッグを引ったくる、などの手口です。

オランダでは警察官といえど、そんな権利はありません。
もし聞かれても絶対に拒否しましょう。

police-78265_640




3. 飾り窓地区は避ける

飾り窓地区は、中央駅を背にして左側にあります。
駅前のメイン通りからは、割と離れています。

観光地のひとつでもありますが、
昼間でも、女性だけで歩くのはやめておきましょう。

現地のホテルの人も、女性の観光客には、
そう釘を刺しているくらいです!


4. 暗くなってきたら、女性だけで外出しない

ドラッグなんかでハイになっている、
こわーいお兄さん達が、街でうろうろし始めます。

女性だけではなく、
男性一人で出歩くのも、避けた方が良さそうです…。

bridge-2543_640




5. ホテルでも気を抜かない

ホテルの部屋でも、手荷物には気を付けましょう。
宿泊するホテルにもよりますが、
寝ている間に、荷物を盗まれた!なんてケースもあるそうです。




6. カフェに注意

上記の通り、カフェでもソフトドラッグが売られています。
カフェで一息つく場合は、お店の名前に注意しましょう。

「COFFEE SHOP」
コーヒー等の他に、ドラッグも扱うお店です。
羽目を外しにくるお客さんもいるので、避けましょう。

「Cafe」
これが普通の喫茶店です。
コーヒーを飲みたいときは、こっちに行きましょう

e32bd50158203afcd4b8216dac8eee09_s



アムステルダムの街は、
中央駅を中心に、放射状に広がっています。

駅から離れるにつれて、
ゴミゴミとした雰囲気や、ちょっと怪しい人も少なくなります。

ダム広場から、もう少し進むと…

花市場が並んでいたり、普通の観光地っぽくなっていきます。
この辺りからは、特に危険という感じはしなくなるようです。


とにかく、中央駅周辺では警戒を解かないのがベターですね!



まとめ


いかがでしたでしょうか。

以上、アムステルダムの治安とその対策方法でした!


ちょっと恐い面もありますが、

今回紹介した、気を付けるべき6つのポイントに注意すれば、
危険はかなり防げると思います。


オランダ・アムステルダムへ旅行の際は
しっかりと自己防衛

そして独特の文化を、たっぷり味わってきて下さいヽ(・∀・)ノ


スポンサードリンク

↓タメになったらシェアをお願いします。知り隊の活力です!d(≧▽≦*)
URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す

*
* (公開されません)
*

Facebookでつぶやく


毎日の「気になる」を解決!

生活の知恵から、知って得するお役立ち情報まで…

「あれって何だっけ?」にお答えします!

Return Top