それが知り隊!~あなたの代わりにググります~

台風の名前の意味は?最高何号まで発生するの?


台風シーズンになると、
天気予報などで「台風〇号が…」という言葉が日々繰り返されます。

そもそも、

「台風って、何号まであるんだろう?」

「どうして番号なの?名前はないのかな?」


みたいな疑問って、湧いてきませんか?

スポンサードリンク


アメリカなどでは、
台風は、キティやジェーンといった女性の名前で呼ばれますよね~。

どうして日本は、番号で呼ばれているんでしょう。


花子とか、ヨシ江とかではないのは、なぜ…?

というのは、筆者の個人的な疑問でもあるんですが、
なんとな~く、気になっている方も多いと思います。


ということで今回の記事では、

台風は何号まで発生するものなのか!
その名前(番号)にはどんな意味があるのか?

そんなところについて、
詳しく、ご紹介していきたいと思います!



台風は最高で何号まで?


たとえば、
「台風50号」「台風100号」というのは、聞いたことがありませんよね。

そこまで大きい番号の台風って、なかなか聞きません。

02dc07c4a495ed40f8cc147736cfc536_s

というのも、
年間で発生する台風は、平均25個前後ほど。

このうちで、日本に上陸するのは5~6個です。


なので、台風30号を超えることは、
現代ではほとんど無いと考えられます。


ちなみに、2000年代の発生数はこんな感じです(・ω・`)

  • 最も発生数が多い 2004年(29個
  • 最も発生数が少ない 2010年(14個

そんな台風が、
実際に、過去最大で何号まであったのか調べてみると…


1967年には、
なんと!39個もの台風が発生したようなんです。

また、2004年、1966年、1960年には、
日本列島に接近した台風の数が最も多い、19個を記録しました。


この記録が、今後打ち破られることはあるのか…
気になるところですねヾ(;´▽`A“


スポンサードリンク



名前はどんな意味が?付け方って?


さて、次は気になる台風の名前についてです。


実は、台風の名前の付け方には、
「番号方式」と「リスト方式」の二つがあります。

日本では、番号方式が普及しているんですが、
多くの国では、名前を付けるリスト方式が普及しているんですよ~


それぞれの特徴を、順番にご説明していきますね(*´∀`)



icon-hand-o-right 「番号方式」とは?

毎年1月1日以降に発生した、最初の台風が1号となります。
そこから発生するたびに2号、3号と数えていく方式なんです。


実は、普段ニュースなどで聞くのは2桁の号数ですが…
正式には4桁なんです(´▽`v)


西暦の下二桁と、その年の発生順の号数で決まるんですよ。


例えば…

  • 2014年に最初に発生 → 1401号
  • 2014年の19番目に発生 → 1419号

といった風に、番号が付けられます。


わたし達が普段、見ている天気予報では、
上二桁を省略しているんですね。

efe0a2c8c37f399725e801c2a8077286_s

icon-hand-o-right 「リスト方式」とは?

世界の気象機関が設置する委員会が、
あらかじめ決めておいた「台風名のリスト」があります。

台風が発生するたびに、ここから名前を選んでいくんです。


海外の台風に、女性の名前が多いのは…
当時の関係者によります(´∇`;)

自分のガールフレンドや、妻の名前を、
台風の愛称として使ったことに由来しているんです。

※ただ、男女不平等だということで、
1979年以降は、男性と女性の名前が交互に使われるようになりました。




日本の台風にも名前がある?


実は日本の台風にも、
18号や19号という、番号方式だけでなく…

上記にもある名前方式で、命名された名前があります!


国内の報道では、番号で紹介されていますが、
正式には、きちんとした名前もあるんですね。


ただ、米国風の名前だと馴染みが薄いということで、
2000年以降は、アジア地域特有の名前リストが作られたんです。

アジアの名前リストは、気象庁のサイトで見ることができます。
気象庁:台風の番号と名前



例えば、2014年に注目された台風だと…


  • 2014年 台風18号
  • 名前:ファンフォン(Phanfone)
    命名国:ラオス
    意味:動物

  • 2014年 台風19号
  • 名前:ヴォンフォン(Vongfong)
    命名国:マカオ
    意味:すずめ蜂


こんな名前が付けられています(・∀・)


このアジアの名前リストは、
日本やアジア・太平洋14か国で構成される「台風委員会」によって、作られました。

各国が、それぞれ10個ずつ名前を提案しています。

941b7dc0f1e59aea7d06801fb2682f8b_s

ちなみに、日本が提案したのは星座の名前です。

  • カンムリ(Kammuri):かんむり座
  • カジキ(Kajiki):かじき座
  • ウサギ(Usagi):うさぎ座

などなど。

各国での発音のしやすさや、
企業名や、商標に使われていない星座を選んだことから、
ちょっとマイナーな星座になった、という理由があります(´ー`A;)


ちなみに、
気象庁がこのアジア名を使用するのは、
主に、船舶への通知など国際的な通知のみです。

国内向けには、
これまで通りの番号制度による情報を、メインに使用しています。


いつか制度が変わって、
国内での報道でも、アジア名を聞く日が来るかも知れませんね~



まとめ


日本以外のアジアの名前リストを見ると、
中国では「風神」「雷神」「孫悟空」など…

いかにも、
台風の勢いに関連した名前っぽいですね。


それに比べると、日本はちょっとホワっとしていますが、
実際に、台風が上陸した時に、

「台風〇号(ウサギ)が猛威をふるっています!」

と報道されたとしたら、

そっとニンジンを差し出して、お引き取りいただけないものか…
と、ちょっと考えてしまいそうです(*´∀`)


スポンサードリンク

↓タメになったらシェアをお願いします。知り隊の活力です!d(≧▽≦*)
URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す

*
* (公開されません)
*

Facebookでつぶやく


毎日の「気になる」を解決!

生活の知恵から、知って得するお役立ち情報まで…

「あれって何だっけ?」にお答えします!

Return Top