それが知り隊!~あなたの代わりにググります~

本日の人気記事

Sorry. No data so far.

風邪薬の飲み合わせ!コーヒーやお酒が絶対NGな理由とは?


風邪を引いたかな?と思ったとき、
栄養補給と、ガッツリ休養!で治すのもいいですが

頼れる味方なのが「風邪薬」ですよね!

スポンサードリンク


忙しくて、病院に行く時間がない!という時でも、


薬局やコンビニなどに行けば、
風邪薬を、購入することが出来るようになりました。

いつでもどこでも、手軽に手に入りますよね~。
助かってます!



そんな、身近な存在の風邪薬


とりあえず、

「飲めばいい!」

と思っていませんか?(´~`)


持病なんかもなくて、 他に、薬は飲んでいないから…
 飲み合わせなんて関係ないよね」


なんて…。


それは、

ちょっと待ったーーーーー!!! (#`Д´)ノ


実は、「薬の飲み合わせ」とは
持病などのお薬との組み合わせ、だけではないんですよ~


普段気にせず、口にしている、
コーヒーや、お酒などなど。

そういった、身近な「飲み物」でも…

薬との組み合わせによっては
危険な作用を起こすこともあります。

a0002_007561


今回は、お世話になることが多い風邪薬について、
その飲み合わせの危険性について、詳しくリサーチしました。



風邪薬の飲み合わせに危険が潜む!?


まず、薬を水やお湯以外のもので飲むと、
その効き目が強まったり弱まったりすることがあります。


なるべく、お水で飲む習慣をつけたいところですが、
「手持ちにお水がない!」なんて時も、勿論あると思います。


いざという場合に、慌てないように、
可能な限り「避けたい飲み合わせ」を覚えておけば安心です!


ついつい、やってしまいそうな飲み合わせには…
こんなものがあります。



fa-check-square-o コーヒー+風邪薬

市販の風邪薬には、眠気を防ぐためなどに
「カフェイン」を配合されているもの、が多くなっています。

それを知らずに、コーヒーを飲み過ぎると、
カフェインの過剰作用が起こる場合があります。

頭痛や眠れなくなったりする、といった症状が出てきます。

あなたが、今飲んでいる風邪薬が、
どのようなタイプなのか?

箱書きや説明書などで、
しっかり、確認しておきましょう。



fa-check-square-o グレープフルーツジュース+風邪薬(抗生物質)

グレープフルーツの成分の中に、
消化器官の中にある、代謝酵素の活動を邪魔する成分が含まれています。

それによって、
代謝される筈の成分が
通常より多く身体に残ってしまいます。


これを分かりやすく説明すると…


薬を1錠しか飲んでいないのに、
2~3錠飲んだのと同じ状態になってしまいます。

薬が効き過ぎてしまう!、という事ですね。

addiction-71573_640

fa-check-square-o 牛乳+風邪薬(抗生物質)

牛乳といえば、カルシウム!
…というイメージがあるくらい、牛乳にはカルシウムが豊富です。

このカルシウムと、一部の抗生物質の成分が、
結合してしまう場合があります。

カルシウムと薬が結合すると、
体内で消化吸収されにくい「キレート」という構造に変化し、
薬の効き目が弱くなってしまう、ことがあります。



fa-check-square-o アルコール類+風邪薬を含む、すべての薬

これは絶対NGです!

アルコールによって、

薬に対する肝臓の『解毒作用』が遅れて、
通常より効き目が強く出る傾向があるんです。


全ての薬において言えることですが、

特に…

・睡眠薬
・精神安定薬
・鎮痛薬


この3種類などでは、効き目が増強され、
意識障害や、昏睡状態に陥ることもあります(゚Д゚;)


また、風邪薬の成分でもある解熱鎮痛薬
アルコールと一緒だと…

・胃腸の粘膜を傷つける
・肝障害を起こしたりする

など、かなり怖い可能性が指摘されています。


お酒で風邪薬を飲むのは、
百害あっても、なんのメリットもありません。

「自分は平気だよ!」
と言ってる人が居たら、止めてあげてくださいね~!


◆◆◆


身近な薬や、飲み物などで
飲み合わせに気を付けたいものを挙げてみました。

コーヒーも意外でしたが、
アルコールって、思った以上に怖いですね…

飲んじゃダメ、絶対。ですね。

スポンサードリンク


アルコールと風邪薬


たとえば、

「風邪薬を飲まないといけないのに、お酒飲んじゃった…

というような場面が、あったとします。


アルコールを飲んでしまったとき。

風邪薬を飲むまでに、
どれくらいの間隔をおいたらよいのでしょう。


実は、これについては、

一概にはなんとも言えない

のですよね…。

de506cd429aa06fa2297ccc795b79b0b_s

一般的に、アルコールも薬も、
おおよそ2時間程度で、肝臓で分解されるといいます。

しかし、飲んでいる薬の種類や、
飲んだアルコールの量など…

個人の耐性によっても、かなりバラつきがでます。


なので、アルコールを飲んだときは、
風邪薬などの薬は飲めない、と考えましょう。

しっかり、アルコールが身体から抜けるまで、
控えるのがベターです。



飲み合わせが気になったら…


いかがでしたでしょうか。

意外と怖い、風邪薬の飲み合わせでした!

また、同じ作用・効果であっても
薬の種類によって配合されている成分が異なります。

○○と△△は一緒で大丈夫?

…などが気になったら、薬剤師さん等に質問しましょう。


わたし自身、実は…

今までは、あまり箱書きや説明書を読まず
さっさと薬だけ飲んでしまうタイプでした!(´ー`A;)

これからは心を入れ替えて、
説明書など、しっかり目を通すようにしようと思います!


スポンサードリンク

↓タメになったらシェアをお願いします。知り隊の活力です!d(≧▽≦*)
URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す

*
* (公開されません)
*

Facebookでつぶやく


毎日の「気になる」を解決!

生活の知恵から、知って得するお役立ち情報まで…

「あれって何だっけ?」にお答えします!

Return Top