それが知り隊!~あなたの代わりにググります~

紅葉狩りとは?意味や由来はこの説が一番面白い!?

よく晴れた秋の週末は、
紅葉狩りに出掛ける、絶好のチャンスですね!

そういえば…
紅葉を見物に行くだけなのに、

なぜ、紅葉「狩り」なんて言い方をするんでしょう?

スポンサードリンク


『紅葉狩り』といえば、
色付いた紅葉を、眺めに出掛けることですよね。


…なんて、もっともらしく言ってますが、
わたしも、大人になってから知りました(´∇`;)


それまで、「紅葉狩り=紅葉の鑑賞」だとは知らず、
山に入って、本当に紅葉を狩ってくることだと思っていたんですよね~

みんな、持って帰った紅葉を何に使うんだろう…

というのが、密かな疑問でした。



ということで、今回は!

そんな勘違いも生んでしまうような、
「紅葉狩り」の言葉の秘密に、大注目!


どうして「狩り」と表現されるのか?
紅葉狩りとは、誰が作った言葉なのか?

気になる紅葉狩りの意味や由来について、徹底解説します!(・∀・)



紅葉狩りとはどんな意味?


今でいう「紅葉狩り」は、
「狩り」という言葉が入っていますが、
実際には、紅葉を「見物」することを指します。


でも、その意味で使うには、
ちょっと物騒な言葉だと感じませんか?


普段使われている「狩り」といえば…

  • シカやイノシシなどの「大型の獣」を捕まえること
  • 野鳥や小動物を、捕まえること
  • 果物や、山の植物を採ること

こんな意味がありますよね。

「いちご狩り」「りんご狩り」なんて呼ばれるのも、
その言葉に、「採る」という意味があるからなんですね~。

279c7e3161e21f0c137b918248faca0c_s

どうして、この「狩り」という言葉が、
「見物する」という意味で使われるようになったのか…

その由来は諸説あるのですが、
残念ながら、どれも定かではないんです(・ω・`)



たとえば…わたしが調べた説には、こんなものがあります。


icon-hand-o-right1 もともと、秋の狩猟の宴のことだった

秋と言えば、ウサギやシカなどの狩猟が盛んな季節です。

貴族たちが狩りに出掛けたあとに、
紅葉を愛でる宴を開くのが、定番でした。

いつしか、秋の狩りは廃れてゆき、
「紅葉狩り」の呼称のまま、宴だけが残ったという説です。

動物の肉が「紅葉の色に似ていた」から、
…なんて話まであります。Σ(゚Д゚ノ)ノ



icon-hand-o-right2 実際に紅葉を持ち帰ったから

古い絵や掛け軸では、
紅葉の枝を持って遊ぶ子供や、女性が描かれている物は少なくありません。

実際に枝を折ったり葉を手に取ったりして、
楽しんでいたんですね。

紅葉を取らずに、見て楽しむようになったのは、
ここ100年くらいのようですね~。



icon-hand-o-right3 貴族が紅葉見物を「狩り」に例えた

中世では、狩りをしない貴族が現れ始めました。

そんな貴族たちが、流行りの言葉あそびとして、
紅葉を鑑賞することを、秋の風物詩である「狩り」に例えたという説です。


◆◆◆


確かに、どれも「なるほど」と思えそうな話ですが…

実はこの 3つ目の説 が、
なかなか、説得力のある面白い説なんですよ(*´∀`)


次は、この説について詳しくご紹介します!


スポンサードリンク



紅葉狩りの由来とは?


昔の貴族たちの「狩り」や「狩猟」は、
今でいうスポーツのようなものでした。

鷹狩をしたり、狩りに狩猟犬を連れて行ったりして、
日々、エンジョイしていたわけですね(´~`)


しかし、中世の貴族の中では、
「血の穢れ」を嫌って、狩猟をしない人が増え始めました。


それまで、
秋の風物詩だった「狩り」に、出掛けなくなると…

次第に、貴族たちはヒマを持て余しはじめます。


ヒマだー!
「なにか、面白いことはないかなー?」


そこで思い浮かんだのが、
綺麗に色付いた、野山の紅葉でした。

587c0859751faf0392936d2c5a931958_s

「紅葉を見物しながら、宴を開こうぜ!

「それだけじゃつまらないから、和歌で勝負だ!」


そんな軽いノリだったのかは不明ですが、

その紅葉を見物する宴では、
紅葉の美しさを和歌に詠んで勝負する、
「紅葉合(もみじあわせ)」が、流行しました。


そこは、負けず嫌いの貴族たち。

和歌のアイデアになるような、美しい紅葉を求めて、
秋の野山を、散策するようになります。


その姿を、秋の「狩り」に例えて
「紅葉狩り」と、呼ぶようになったと言われているんです。

※ちなみに、春にも同じく、
 山桜を愛でる「桜狩り」もあったそうですよ~




今年は和歌を詠んでみる?


平安時代ならではの、
「雅な遊び」がはじまりだったなんて…

なかなか、面白い説じゃありませんか?


個人的には、この説がイチオシですね(・∀・)


紅葉狩りに出掛けたら、
しれっと、この説を話してみてはいかがでしょう。

「昔は、紅葉の枝を持って帰ったからだよ」と言うよりも、
ちょっと歴史ツウな感じもします。

今年は、紅葉を楽しみながら、
昔の貴族たちのように、和歌を詠んでみるのもオツですね♪


スポンサードリンク

↓タメになったらシェアをお願いします。知り隊の活力です!d(≧▽≦*)
URL :
TRACKBACK URL :

毎日の「気になる」を解決!

生活の知恵から、知って得するお役立ち情報まで…

「あれって何だっけ?」にお答えします!

Return Top