それが知り隊!~あなたの代わりにググります~

本日の人気記事

Sorry. No data so far.

羽毛布団の選び方!おすすめなのはこの方法!


寒くなってくると、

「おふとんから出たくない病」が、

にわかに流行りはじめます。

今年も、大流行の予感ですね!(・∀・)

スポンサードリンク


そんな寒い季節、必須アイテムのお布団!!

「そろそろ買い替えようかな~」
「もう少し、暖かい布団はないかなあ」


なんて思って、
いざお店に行ってみたものの…

割と困ってしまうのが、
「羽毛布団の選び方」なんですよね~



値段もピンキリですし、

グレード?羽毛の種類?
…で、結局どれがいいの?


と、初心者泣かせの悩ましいポイントが、実は多いのです。


親切な店員さんが居たなら、
質問攻めで、なんとかなりそうですが…

でも、さすがに右も左もわからないのは不安ですよね(´∇`;)

そこまでお安い物でもないので、なおさらです!

a0016_000212

これから、「羽毛布団を買おうかな~」と思っている方は
事前知識を持っておけば、安心ですよ。

今回は、そんな「羽毛布団の選び方」について、
基本ポイントを分かりやすくご紹介します(*´∀`)



羽毛布団の魅力ってなに?


まず、「布団」そのものには、
羽毛布団だけでなくて、色々な種類があります。

  • 昔ながらの綿布団
  • 羊毛布団
  • 化学繊維が使われたもの
  • 羽毛布団

この中でも、羽毛布団はトクベツ!(@ ̄∀ ̄@)

その「あたたかさ」ばかりではなく、
驚くほど「軽い」というのが、最大の魅力なのです。


実は…「重い」掛け布団は、
身体に負担をかけてしまいます!


重たい掛け布団を使ってしまうと、
身体が圧迫感を感じて、血行も悪くなりがちです。

その結果、寝苦しさを感じたり、
肩こり・高血圧などの原因になる、とまで言われているんです(゚Д゚;)


なので…


掛け布団にする素材には、

「暖かいこと」はもちろん、
「軽さ」のあるものを選ぶのが、ポイントなんですね。ヽ(・∀・)ノ


この点を、羽毛布団は見事にクリアしていることから
快適な寝具として長く支持されているんですね~。


スポンサードリンク



羽毛布団の品質が知りたい!


羽毛布団のお値段って、ピンからキリまでありますよね。

とても高い羽毛布団だと、
何百万、何千万円というものまで…あるんです。


と言っても、一般向けの羽毛布団でも、
10万円や20万円するのは、よくあることです。

でも、1万円~など、
やたらとお安い値段で、売り出されている布団なんかもあります。


この値段の差は、一体何なんでしょうか?(・ω・`)


C789_keitaiminagaramemo500


icon-hand-o-right 羽毛ふとんの品質

羽毛布団といえば、
その名前の通り「羽毛」が詰まっています。


そこでタグに書かれている、ダウン率という文字にご注目!

ダウン率とは、羽毛の量のことです。

このダウン率が高いほど、
羽毛がたくさん入っているということなんですが…

ポイントは、その品質です。

鳥さんの生息地や飼育期間、品種などによって、
品質に、大きな差が出てくるんです。


特に「かさ高性」というのが、
大きなポイントなんです。

「かさ高性」は、
羽毛のふくらみ具合をあらわします。


分かりやすく言うと、
その布団の「厚み」や、「ふくらみ具合」です。

お値段が高い羽毛布団ほど、
その厚み(ふくらみ具合)があったな~、と思いませんか?


ふんわりしていてコシが強く、
回復力(押して戻ってくる力)にも優れている羽毛は、
羽毛が少なくても、「かさ高」があります。

つまり、「かさ高性に優れている」ということは、
「保温性にも優れている」ということになるのです。


なので、かさ高性の高い羽毛ほど
お値段もグンと高くなるんですね。

037918



羽毛布団の選び方7箇条!


実際に羽毛布団を選ぶときには、
次の7つの点に、気をつけて選んでみて下さい。

品質表示をチェックするのはもちろんですが、
実際に触ってみるのもポイントです!

そして、不明点があればすぐ販売員さんに質問ですね。ヽ(・∀・)ノ



1. 品質表示をよく確かめる

2. かさ高(ふくらみ具合)と回復性をみる

3. 生地に触ってみる

4. 羽毛出や、ほこりが出ないかチェックする

5. 臭いをかいでみる

6. 縫い目はまっすぐになっている?

7. 信用あるメーカーや販売店の販売員から購入する





激安〇〇布団に注意しましょう!


特売広告や、折り込みチラシなどで
「2.980円!」なんて破格のお値段で売り出されている布団もあります。

GAK_arupakapunpun500

や、やっすうーーーーい! (゚Д゚ノ)ノ(゚Д゚ノ)ノ

なんて驚いてしまう前に、
広告や商品名をチェックしましょうね。


その広告には…

『高級羽根布団が驚きの2.980円!』


ん?


おかしくありませんか?



これ、高級「羽根」布団なんです。

名前は似ていても「羽毛布団」とは別物。

「羽根」と「羽毛」の違いですが、かなり異なります。


羽根(フェザー)
硬い軸があって、そこに羽根がついています。
共同募金で貰える「〇の羽根」みたいなイメージです。
布団にかさが出ず、軸が擦れるガサガサ音がします。

羽毛(ダウン)
たんぽぽの綿毛のように、フワフワしたもの。
羽根のような軸はありません。

ふっくら温かい空気を含んで、かさのあるふかふかの布団になります。


ちなみに…
羽毛(ダウン)が50%以上入っているものを「羽毛布団」と呼び、
50%未満のものは「羽根布団」と呼びます。


うっかり読み過ごしてしまいそうですが、要注意です!

手で触れば、その違いは一目瞭然なんですが、
チラシの写真だけでは分からないですから…



まとめ


以上、失敗しない羽毛布団の選び方でした。

N811_higewoijirudansei500


羽毛布団は実はとても奥が深いようで、
ダウンの種類も、かなりたくさんあります。


まずはこの記事で、
選び方の基本ポイントを押さえてから、

あとの専門的な部分は、
遠慮せずに、販売員さんに質問するのが良いと思います。

(さらにお値段の交渉なんかもしながら…(笑))


個人的な体験ですが、
とある大手の寝具屋さんへ、羽毛布団を見に行ったことがあります。

羽毛の種類や、お値段帯など、
色々と「へえ!」となるお話が聞けました。

色んな種類の羽毛布団を触らせてくれたり、
物によっては、実際に寝かせてくれたり。

見学と相談だけでも楽しめましたよ~。


自分のお気に入りの羽毛布団をゲットして
冬のあったか睡眠ライフを満喫して下さい(v´∀`)ハ(´∀`v)


スポンサードリンク

↓タメになったらシェアをお願いします。知り隊の活力です!d(≧▽≦*)
URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す

*
* (公開されません)
*

Facebookでつぶやく


毎日の「気になる」を解決!

生活の知恵から、知って得するお役立ち情報まで…

「あれって何だっけ?」にお答えします!

Return Top