それが知り隊!~あなたの代わりにググります~

本日の人気記事

Sorry. No data so far.

インフルエンザと風邪!違いはこれでした!


「なんだか身体がツライなあ~」
「熱もあるみたいだし…」

「まあ、ただの風邪かな」

…ちょっと待った!!

スポンサードリンク

その症状、一度よーく確認してみましょう。

風邪と思ったその不調、インフルエンザかも知れません。


寒い季節になると一気に流行るインフルエンザ


よく冬は風邪の季節、とも言われますよね。

実は、このイメージを定着させた原因は、
風邪ではなくインフルエンザだったって知ってましたか?


今回はそのインフルエンザと風邪について
それぞれの特徴を知って、初期症状の見分け方をチェックしましょう。


意外と違いがあった?インフルエンザと風邪


まず、インフルエンザと風邪についておさらいです。
C789_kazewohiitemoworks500

◆◆ 風邪(かぜ)とは ◆◆

主な症状

のどの痛み、鼻みず、くしゃみや咳(せき)など。
全身症状はあまり見られず、風邪は比較的軽い病気です。

発熱もインフルエンザに比べて高くなく、
ほとんどが微熱程度ですみます。


発症する原因

様々な病原体(ウイルスや細菌など)の感染によっておこる
疲れや急激な温度変化やなどからおこる

主にこの二つが挙げられます。



◆◆ インフルエンザとは ◆◆

主な症状

突然の高熱や全身のだるさ、
倦怠感・筋肉関節の痛みをともなう全身症状の強い病気です。


発症する原因

皆さんご存知の、インフルエンザウイルス
特定のウイルスの感染によっておこります。
(上記のかぜの病原体とは違うので注意

ウイルスに感染すると、
約1~3日間の潜伏期間ののち、主に 突然の高熱 で発症します。


009471



インフルエンザのお薬と、風邪薬が違うのは
原因になる「ウイルスの種類」が違うからなんですね。

風邪薬があるからといって、
インフルエンザになったとき、飲んではいけませんよ~


チェック!インフルエンザと風邪の見分け方


さてさて、
風邪とインフルエンザは、全くの別物とわかりました。


a0002_007550



では、二つの病気の症状を詳しく比較してみましょう。


◆◆ 風邪の症状 ◆◆

症状の出方:のどや鼻
進行:ゆるやか
発熱:38度前後の微熱
寒気:軽い
鼻水:ひきはじめに出る
せき:軽い
頭痛:痛みが軽い
筋肉・関節痛:痛みが軽い


◆◆ インフルエンザの症状 ◆◆

症状の出方:全身に出る
進行:急激
発熱:39~40度の高熱
寒気:強い
鼻水:あとから出る
せき:たくさん出る
頭痛:痛みが強い
筋肉・関節痛:痛みが強い



ざっくり説明すると

「風邪はゆっくり」
「インフルエンザは急激に」


これが大きな違いです。


発熱以外でも、
よく症状に出てくる鼻水やせきは、
風邪の場合、先に症状が出てくるようなので
判断する目安に出来そうですね。


わたしの場合は、
なんだか関節が痛いな~。と思うときは、
だいたい、そのあとに高熱が出ます。

普通の風邪程度の発熱だと、痛くならないんですよ。


皆さんはどうでしょうか?



見分けにくい微妙な症状もある


インフルエンザと風邪を見分けるには
「ゆっくり」「急激に」なのか、
このあたりで、多少は判断できそうな雰囲気です。


しかし注意したいのが、
少々重めの風邪と、比較的軽めのインフルエンザの場合。


これが分かりにくく、
なかなか区別がつかないことも…


a0002_007510



例えば、わたしの友人のA子ちゃんの場合です。



ある日のA子ちゃん…
ここ2、3日は1日中微熱と全身の疲れ・倦怠感を感じていました。

きっと風邪でしょ~、と思って気にしなかったのですが。

翌日、いきなり高熱が出てしまい
病院に行くと、インフルエンザと診断されてしまった!



……。


はい。


なんてこともあります。

A子ちゃん本人も
初期症状が軽かったので風邪と思った、のだそうです。



どん!と症状が出る場合、は分かりやすいのです。

しかし、
A子ちゃんのように「軽症で分かりにくい」ということもあります。


また、インフルエンザの場合の注意点がひとつ。

症状が出てから2日(48時間)経過してから
抗ウイルス薬を服用しても、充分な効果を得られません!


薬を飲んでるのに、
身体がなかなか楽にならないよ!
(-∀-`; )グタ~


…なんてつらいことになる前に、
早いうちに、風邪かインフルエンザかを見分けるのが得策です。



それでも迷ったら…




身体に不調があり、
その症状についても色々確認してみたけれど


「結局、どちらなのか分からない」

そんな時もあると思います。
だって、わたし達はお医者さんじゃないですから。


C854_ochikomuchinpan500

(わかんないんだよ、もう…)




そんな時は、


症状を軽く見て後で痛い目をみるより、
身体に異常が出た時点で病院へ行くべき!


と、個人的には思います。


自分の身体のことですから、
心配し過ぎて損!なんてことはありませんよ~



まとめ



以上、インフルエンザと風邪の違いでした。

いかがでしたか?


毎年流行して、
もはや、身近な病気になりつつあるインフルエンザ。

インフルエンザと風邪が
「大して変わらないんじゃないか」という油断は禁物です。

高齢者や、小さなお子さんの場合、
インフルエンザが、肺炎や急性脳症などの合併症を起こすことがあり、
ときには死に至ることもある、キケンな病気なんですよ。


実はとても怖い病気、ですから
しっかり予防するように心がけましょう。



また、流行し始めるとマスクや消毒液が売り切れ!

…なんてことも多いので
(というより毎年、起こっている気がしますが;)

早いうちから、準備しておくといいかも知れません。


たとえばマスク

外での感染を防ぐための必須アイテムですよね。




ただ、マスクって息苦しかったり、眼鏡が曇ったり…
なかなか良いマスクに巡り合うのは、むずかしい。

色々と試しているのですが、
最近はこれがお気に入りです。

1年中、愛用しております~ (v´∀`)ハ(´∀`v)


皆さんも、自分なりの予防措置をしっかりして
インフルエンザと風邪とは無縁な冬を過ごしてくださいね!


スポンサードリンク

↓タメになったらシェアをお願いします。知り隊の活力です!d(≧▽≦*)
URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す

*
* (公開されません)
*

Facebookでつぶやく


毎日の「気になる」を解決!

生活の知恵から、知って得するお役立ち情報まで…

「あれって何だっけ?」にお答えします!

Return Top