それが知り隊!~あなたの代わりにググります~

本日の人気記事

Sorry. No data so far.

新幹線で富士山が見える席は?この駅の通過が合図です!


新幹線に乗るとき、
車窓からの景色も、楽しみですよね~。


そして、
東海道新幹線からの車窓には…

世界遺産にも登録された、

富士山が見えるポイントが、随所にあります!

スポンサードリンク

車窓から、富士山が見えると…

「おっ、今日はいいことがあるかも!」
「ご利益、ご利益♪」

なんて、気分もアガってきます♪


新幹線に乗るなら、
ぜひ、富士山の姿は見たいところですよね。


今回は、
新幹線から見える富士山を、
見逃さないためのコツ!

押さえておきたいポイントを、しっかりご紹介します。


当サイトの管理人も、
仕事柄、新幹線によく乗っていました。

ちょっと落ち込むことがあっても、
富士山が ババーン! と見えると…

不思議と、元気になれましたね(@ ̄∀ ̄@)

さすが、霊峰と言われるだけあって、
見るだけでも、パワーをもらえます。
0ee02f0cac27e316e3ca9bd840aa29b6_s
今回ご紹介するポイントは、
そんな筆者の、お墨付きです!


順番に、ご説明していきますね(*´∀`)


新幹線で富士山の見る座席を指定!


まず、大切なのは「座席」!


富士山がよく見えるのは、
海側とは反対の、山側の席からです。

<富士山の見える座席>
  • 新大阪方面
  • 進行方向に対して右側
  • 東京方面
  • 進行方向に対して左側

大抵の新幹線の座席では、
D・E席富士山側の座席です。

A・B・C席が、
その反対側の座席になります。
新幹線座席図
指定席を予約するときに、
できるだけ、窓側のD・E席にしましょう。


富士山が見える駅や撮影ポイントは?


新幹線から、富士山を望めるのは、
「新富士駅」の前後です。


言うまでもないですが、
新幹線って、めちゃくちゃ速いですよね。
(ハイ、当たり前です)

そんな速さもあって、
各駅停車の「こだま」に乗車していない限りは、
油断すると、せっかくの富士山ですら…

あっという間に、通り過ぎてしまいます。


うっかりしていて、


アレッ?通り過ぎた!?」

Σ(´□`;)ガガーン


なんてことに、ならないように!

  • 富士山が見える時間帯
  • 準備するタイミング

これについて、
それぞれ、まとめておきましたヾ(〃^∇^)ノ

スポンサードリンク


下り 名古屋・新大阪・博多方面のとき


まずは、下り路線の車窓案内です。

東京駅から、
名古屋・新大阪方面への新幹線に乗った場合ですね。


東京駅を出発して、
富士山の見えるポイントに到達する時間は、
どの列車でも、ほぼ同じです。


icon-hand-o-right 富士山が見えるまでの目安
  • 東京駅から45分
  • 品川から38分
  • 新横浜から26分
  • 三島駅(通過)から3分

熱海駅を通過したあたりから、
車窓のほうに、目を向けておけば安心です。


天気が良ければ、
三島駅の手前からも、富士山が見えますよ。

ですがその後、手前にある愛鷹山に、
一旦、富士山は隠れてしまいます。


icon-smile-o ちょっと豆知識!
こんな風に、
富士山が手前の山によって、隠されることを、
「消え富士」と言うんです。

そんな名前が付いているなんて、風流ですよね~。


三島駅を通過してから、
およそ3分ほどで、
富士山が、ふたたび姿を見せはじめます。
富士山(下り
ここから、
富士山が ずぅーん と、
目の前に広がってきます(*´∀`)

東海道新幹線の車窓のうち、
数多くの写真家さんを虜にする、絶景です!


上り 東京方面のとき


次は、上り路線の車窓案内です。

名古屋・新大阪駅から、
東京方面への新幹線に乗った場合ですね。


icon-hand-o-right 富士山が見えるまでの目安
  • 新大阪駅から1時間45分
  • 名古屋駅から50分
  • 静岡駅(通過)から5分

静岡駅を通過すると、
トンネルが連続します。

まずは、短いトンネルを1本通過。

その後すぐに、
長いトンネルが3本、続きます。

3本目の最後のトンネルに入ったら、
車窓に、注目しておきましょう!

最後のトンネルを抜けると…
すぐに、富士山が姿を現します!
富士山(のぼり
トンネルを抜けるまでの時間、
「今日は見えるかな~」というドキドキ感が、たまりません(笑)


ちなみに、この写真は、
新幹線が、トンネルを抜けてすぐ。

富士川を渡る鉄橋を、通過している時です。

この【鉄橋】を通過してからは、
防音壁や住宅街などが、
常に、視界に入ってきてしまいます。

そうなると、
障害物なく富士山を見るのは、
ちょっと、難しい感じに…(´~`)


「これぞ、富士山!」
というような写真を撮るなら…

トンネルを抜けてから、
鉄橋を渡っている間が、個人的におすすめです!


また、天候や条件に恵まれると、
新富士駅前後のおよそ4分間、
ず~っと、富士山が見られます。

筆者も、一度だけ遭遇しましたが…
感動のあまり、手が震えてました(*´∀`)


icon-smile-o ちょっと豆知識!
新富士駅周辺は、工場地帯が広がっています。

「工場と富士山」「煙突と富士山」
…みたいな、ちょっと変わった組み合わせも見られますよ。


まとめ


富士山は、
冬の季節の晴れの日なら、
くっきりと見える確率が、高まります。

夏場だと、
晴れていても、霞んで見えにくい日が増えがちです。


とは言え、見えるかどうかは、
やっぱり、「運」次第といったところです。

きれいな富士山が、見えますように…
物陰から、祈っています!ヽ(≧▽≦)ノ


スポンサードリンク

↓タメになったらシェアをお願いします。知り隊の活力です!d(≧▽≦*)
URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す

*
* (公開されません)
*

Facebookでつぶやく


毎日の「気になる」を解決!

生活の知恵から、知って得するお役立ち情報まで…

「あれって何だっけ?」にお答えします!

Return Top