それが知り隊!~あなたの代わりにググります~

本日の人気記事

Sorry. No data so far.

冷凍肉の解凍方法は?色んな方法を試してみました。


「えっ? 解凍ってなに?

これは料理をしない、我が家の夫の言葉です。


夫が、珍しくキッチンに立ったとき、
何を作るんだろう、とドキドキしながら観察していると…

カチカチの冷凍肉を、フライパンにどーーん!

ワオ!男前!!

さすがに、度胆を抜かれました。

「解凍しないの…?」と言っても、
夫は「解凍?(*´∀`)ナニソレ?」みたいな顔ですよ。

「あれ~?なかなか焼けないな~」

なんて言ってます。嗚呼。
焦げるのは表面ばかり、ですがな。

スポンサードリンク

という出来事があったわけですが、
冷凍肉って、料理するにはまず解凍しますよね。

でも、冷凍肉を解凍するには、
どんな方法が一番、なんでしょう…?

そんな疑問が湧いてきます。


ということで、
いざ!『冷凍肉の解凍方法』を調べてみたら、
色んな方法があるんですね~。

そこで今回は、
特売日に、まとめ買いすることが多い「お肉」

その美味しさを損なわず、
冷凍したお肉を美味しく解凍する方法を、ご紹介します。
9d53e87865f969e9771327ffddd463b7_s
これをマスターすれば、
お肉のまとめ買いも、へっちゃらです!

そして、パートナーにも知っておいてもらえば、
家事が少しラクになりますよ~ヾ(〃^∇^)ノ


美味しく冷凍肉を解凍する方法は?


解凍する方法を、紹介する前に…
そもそも、

「冷凍で、何日くらい保存が効くか?」

というポイントなんですが。

いくら、解凍方法を工夫しても、
〇ヶ月間も冷凍されていたお肉になると、
さすがに、鮮度も落ちちゃってますからね…(゚Д゚;)

ちょっとだけ、
この部分を、おさらいしておきましょう。


icon-hand-o-right お肉の種類で期間が変わる

お肉に水分が多いほど、
保存期間は、短くなります。

保存期間のちがい
(長) 牛肉 > 豚肉 > 鶏肉 (短)

同じ時期に冷凍したなら、
牛肉よりも、鶏肉を先に食べちゃうのが良さげですね。


icon-hand-o-right 美味しく食べるリミット

お肉の冷凍保存のリミットは、最長で1ヶ月です。

  • 鮮度重視なら2週間
  • 美味しく食べるなら1ヶ月

これを超えると、
冷凍焼けしたりして、お肉の食感もかわってきます。


我が家では、
いつ冷凍したか、一目でわかるように、
日付を書いたシールを、ペタっと貼っています。
なかなか、便利ですよ~


冷凍肉の解凍方法


それでは、
冷凍肉を美味しく解凍するワザを、ずらっと紹介していきます!
43fc13a55c1f7306b416bfc858fbdf65_s
最大のコツは、
解凍時のドリップを防ぐこと。

icon-question-circleドリップってなに?

あの、お肉からタラ~っと流れる、
赤い液体が「ドリップ」です。

これには、お肉のうま味が凝縮されています。


ドリップを抑えることで、
美味しさを損なわず、解凍できるんです。


◆◆◆


ご紹介する解凍方法は、全部で4つです。
それぞれ、管理人が実際に試してみました(*`д´)b


電子レンジで解凍する
icon-clock-o 所要時間:5分程度

<解凍の手順>
  1. 包んでいるラップを取る。
  2. キッチンペーパーを敷いたお皿の上に、冷凍肉を置く。
  3. 電子レンジに入れ、解凍機能を使う。
回転皿の外側の方に置くと、
むらなく、解凍されやすいですよ。

解凍機能を使わない場合は、
冷凍肉100gで、約2分(200W)で加熱します。


icon-hand-o-right 解凍のポイント
  • ラップをはずす
  • 冷凍肉から出た水分が、
    ラップの中で、高温になってしまうのを防ぎます。

  • キッチンペーパーを敷く
  • 解凍する時に出る、ドリップを吸うためです。


icon-smile-o メリット
 短時間で解凍できる。
 とにかく早くて便利な、主婦の味方!

icon-times デメリット
 解凍にムラが出やすく、
 お肉の端っこだけ、加熱されることも。
 ドリップがたくさん出て、お肉の味がおちやすい。



◆◆◆


常温で解凍(自然解凍)する
icon-clock-o 所要時間:1~2時間強

<解凍の手順>
  1. 冷凍肉をお皿に乗せ、室内で放置。
  2. 解凍されたら、すぐに調理する。

icon-hand-o-right 解凍のポイント
  • 直射日光は避ける
  • 日差しは、予想以上に温度を急上昇させます。
    急な温度変化は、傷みの原因にもなるので、避けましょう。

  • アルミ製のトレーを使う
  • アルミは熱の伝導率が良いので、
    普通のお皿に乗せるよりも、解凍時間が短縮できます。


icon-smile-o メリット
 短時間で解凍可能です。
 電子レンジのように、熱でお肉が変色する心配がないです。

icon-times デメリット
 細菌が繁殖しやすく、
 季節によっては食中毒の危険も。

 電子レンジ解凍と同じく、
 ドリップが出やすいので、味がおちやすい。



スポンサードリンク


冷蔵庫に入れて解凍する
icon-clock-o 所要時間:9~24時間

<解凍の手順>
  • 使用する半日~1日前くらいに、
  • 冷凍庫から冷蔵庫へ、冷凍肉を移動させる。

icon-hand-o-right 解凍のポイント
  • ゆっくり解凍がコツ
  • 5℃前後の冷蔵庫内の温度が、
    解凍されすぎを、防いでくれるんです。

  • プロも使うワザ
  • これはお肉屋さんも、実際に推奨する方法です。
    (高級な冷凍肉の添え書きにも、よく載っています)


icon-smile-o メリット
 おいしく解凍が可能。
 冷凍庫から冷蔵庫へ移すだけで、手間要らず。
 電子レンジなども使わない分、省エネ。

icon-times デメリット
 時間が(かなり)かかる。
 急いでるときには、使えませんね~…



◆◆◆


氷水を使う(氷水解凍)
icon-clock-o 所要時間:1時間半~3時間

<解凍の手順>
  1. ボウルに氷と水を入れ、氷水を作る。
  2. ジップロックのような密閉できる袋に、食材を入れる
  3. 氷水に袋を沈める。

icon-hand-o-right 解凍のポイント
  • 食材にまいたラップは外す
  • 袋の空気は、よく抜いておく
  • 袋に氷の膜が張ったら はがす
  • 袋が浮いてきたら、重石をする

0℃に近い温度で、均一に解凍されることで、
ドリップが、かなり抑えられます。

これも、お肉屋さんが推奨する解凍方法です。
更に、プロの料理人さんも使う方法なんですって。


icon-smile-o メリット
 おいしく解凍が可能。
 これは今回、管理人も初めて試した方法でした。
 ドリップの量は一番少なく、水っぽくなっていません。
 
icon-times デメリット
 氷水や袋を用意するのに、
 ちょっとだけ、手間がかかるかも。




どれが美味しい?解凍方法ランキング!


さて、ここまでで、
4つの冷凍肉の解凍方法を、ご紹介しましたが…

実際に試してみた結果、
管理人的なランキング付けをすると、
こんな感じになります!


第4位 自然解凍

第3位 電子レンジ解凍

定番の、この2つの方法ですね。

確かに、味は落ちてしまいますが…
なにより、解凍時間がグっと短いのが魅力!

多少の味の劣化は、
仕方ないか~、と思って割り切りましょう。

味付けのしっかりした料理など、
お肉の味を、多少ごまかせるレシピ向きですね。


今までず~っと、
ラップをしたまま、
電子レンジ解凍をしていたわたしには…

紹介した小ワザ(ラップOffとペーパー敷)だけでも、
嬉しい発見でした(*´∀`)



第2位 冷蔵庫解凍

確かに楽チンな方法です!
ですが、所要時間の長さが気になりました。

たとえば、お昼ごろに

「今日の晩御飯は、お肉にしよう!

…とひらめいても、
その夜には、解凍が間に合わないですもんね。
主婦には、ちょっと痛いポイントです。

でも、手軽さとお肉の美味しさで、
第2位としましたヽ(・∀・)ノ



第1位 氷水解凍

堂々の第1位は、こちら!

氷水や食材を密閉するとか、
そういった手間は、少しかかりますけど…

比較的短時間で、
ここまで美味しく解凍できるのは、表彰モノです。

今日から、
我が家では、氷水解凍を活用したいと思います!


ちなみに、
この解凍方法は、お肉に限らず、
イカやタコなどの魚介類の解凍にも、ピッタリだそうですよ♪


まとめ


いかがでしたか?

わたし自身、家事歴〇年ながら、
これまで【電子レンジ解凍一筋】でした(-∀-`; )エヘ

お肉のまとめ買いは恒例なので、
この解凍テクニックを、フル活用したいと思います!


あなたの毎日の食卓も、
より一層、美味しくなりますように♪


スポンサードリンク

↓タメになったらシェアをお願いします。知り隊の活力です!d(≧▽≦*)
URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す

*
* (公開されません)
*

Facebookでつぶやく


毎日の「気になる」を解決!

生活の知恵から、知って得するお役立ち情報まで…

「あれって何だっけ?」にお答えします!

Return Top