それが知り隊!~あなたの代わりにググります~

夜行バスを快適に!便利な持ち物と過ごし方の秘訣

夜行バス、乗っていますかー?

管理人はと言うと、
怒涛の月2回ペースで、乗っていた時期もありました。
(旅行とか、ライブ遠征とかですね…)

「バスは辛そう…」と思うかも知れませんが、
夜行バスでも、快適に過ごす秘訣があるんです!

スポンサードリンク
前回の記事では、
【夜行バスの選び方】について、お話しました!


今回のテーマは、
『いかに、夜行バスを快適に過ごすか?』です。


夜行バスの座席自体も、
年々、快適になってきてはいますが…

「しまった!アレがあれば…」
アレ、持ってこればよかったな~」

と、実際に乗ってから後悔するなんて、
よくあることですよね(゚Д゚;)


自分の持ち物の中に、
【お助けアイテム】があるとないとでは、
バス内の快適さは大違いなんです。


という事で、今回は…

夜行バスで、快適に過ごすための秘訣を大公開!

便利な持ち物や、
乗車中の過ごし方など、
管理人なりの必須ポイントを、ザクザクご紹介します。


まずは、夜行バス選びから…
という方は、前回の記事からどうぞ♪
(関連記事:「夜行バスで女性一人旅!安全なバス選びのコツ!」
※別ウインドウで開きます♪


夜行バスを快適にする便利な持ち物!


これは、ある日の夜行バスに乗ったときの、
管理人の持ち物です。

持ち物

① エアークッション
いわゆる「首まくら」ですね。
これを持っているだけで、安眠度がかなり違います。
100円ショップにも、売っていますよ~。


② 耳栓
バスのエンジン音も、気になりますが、
一番気になるのが、他の人の「いびき」(-∀-`; )
たまに、轟音いびきの方がいらっしゃるので、
持っておけば、安心です。


③ タオル&歯ブラシ
少し厚手のタオルがおすすめ。
歯磨きをしたときに使うと、
ハンカチでは、すぐにビチャっとしてしまいます。


④ 目薬&コンタクト
バス内は、思った以上に乾燥しています。
ひとつ、目薬を持っておくと快適。


⑤ スキンケア用品
なるべく、メイクは落としましょう(´~`)
翌朝のお肌が、全然違います!

クレンジングシートや化粧水等の他に、
汗拭きシートもあれば便利です。

管理人はこういう時、
「お手入れこれ一本!」のような、
オールインワンのジェルを持っていきます。

少しでも、荷物を減らしたいのと、
あれもこれも、塗るのが面倒なので…(笑)

37fa9bbc6cd1dd11ea45747a1773bf6c_s


また、写真には写っていませんが、
わたしが常備している持ち物には、他にこんな物も。

どれも持っていれば助かるアイテムです。

マスク

バス内の乾燥対策だけでなく、
ちょっと気になる、ニオイ対策にもなります。

靴を脱ぐ方が、ほとんどなので…
匂いに敏感な方は、必須アイテムです。


食べ物

ガムや飴など、ささっと口に運べる物がベスト。
食べるとき、音や匂いが出にくい物を選びましょう。


飲み物

空気が乾燥しているので、
いつも以上に、のどが乾きやすいです。
ジュースよりは、お水がおすすめです。

飲み過ぎてトイレが近くならないように、
500mlのペットボトル1本くらい、にしておきましょう。


防寒用品(冬季)

真冬だと、バス内に暖房が効いていても、
窓際の席や、足元なんかは冷えてきやすいです。
ホッカイロや、手袋があれば安心ですよ。



バス会社によっては、
座席の備品として、用意されている物もあります。

気になったら、
各バス会社のHPで、確認してみましょう d(≧▽≦*)

スポンサードリンク



持ち物を分けよう


夜行バスに乗る前には、手荷物を整理しておきます。

貴重品と、上記で紹介した持ち物を、
手荷物から分けておきましょう。

大きめの手荷物は、
バスのトランクに、預けることが出来ますからね!


バス内って、そこまで広くないんですよね。

自分の大事な睡眠スペースを、
荷物に占領されないように…(゚Д゚;)

かさ張る手荷物は、ぜひ預けておきましょう。

a1180_012050

バスに持ち込むものは、
小さなトートバックなどに入れておくと、
出し入れしやすいですよ。

わたしは、バックを忘れたときには、
ちょっと不細工なんですが…
コンビニの袋に、まとめたりしています(´□`;)




夜行バスの過ごし方


持ち物が一通り揃ったら、
あとは、バス内でゆっくり過ごすだけです。

バス内の快適さは、
こんなところに気をつけるだけで、グンと上がります。

196b42bf801822f8f42c8ea132430d22_s

靴を脱ごう
一晩、靴を履きっぱなしにすると、
めちゃめちゃ蒸れます。

ニオイや不快感の防止のために、
乗車したら、さっさと脱いじゃいましょう。

足のむくみ防止に、
おやすみ用の着圧ソックスを使うのも、おすすめですよ。


後ろの席の人に一声
座席シートを倒す前には、後ろの人に、
「シートを倒しても大丈夫ですか?」と、
声掛けを忘れずに。

たった一言なんですが、
不思議と、お互いに気分が良くなりますよ。

自分の前の座席の人が、
黙って、シートをグイグイ倒してくると、
ちょっと「んっ?」ってなりますね…(-∀-`; )


携帯やゲームはほどほどに
なかなか眠れないと、
携帯やゲームに、没頭したくなりますよね~。

ただ、音はイヤホンなどで消えていても、
画面の光って、想像以上に周りに漏れています。


周りの迷惑にならないよう、
ほどほどにして、電源を切ってしまうか…

せめて、バックライトをOFFにして、
光がチカチカしないようにしましょう。


休憩時間は外へ
走行中、途中でトイレ休憩として、
サービスエリアに寄ってくれます。

バスの走行スケジュールにもよりますが、
1.5時間~2時間に1回ほど、
だいたい、制限時間は15分前後です。


休憩のときに、タイミングよく目が覚めたら、
トイレに行きたくなくても、降りておきましょう。

ずっと同じ体勢でいると、身体が余計に疲れます。


足や身体がむくみやすくなるので、
軽~く伸びをしたり、ストレッチをして、身体をほぐしましょう。

身体がスッキリして、
その後によく眠れたりします!


まとめ


いかがでしたか?

以上が、管理人が夜行バスに乗るとき、
気を付けていることなのですが、

「こんな物があったら、更に便利よ!」

という物や方法があれば、ぜひ教えて下さいね~

あなたが夜行バスに乗るときに、
少しでも、快適に過ごせますように!ヾ(〃^∇^)ノ


スポンサードリンク

↓タメになったらシェアをお願いします。知り隊の活力です!d(≧▽≦*)
URL :
TRACKBACK URL :

毎日の「気になる」を解決!

生活の知恵から、知って得するお役立ち情報まで…

「あれって何だっけ?」にお答えします!

Return Top