それが知り隊!~あなたの代わりにググります~

本日の人気記事

Sorry. No data so far.

食べ過ぎてしまう原因は?ダイエットとストレスの関係!


「また、食べ過ぎた…」

お腹が苦しくなるくらい、食べ過ぎてしまったあと。
ふと我に返ったように、
呆然としてしまうときって、ありませんか?

(わたしは、ダイエット中なのに…!といつも慌てていました)

スポンサードリンク

お腹は空いていないのに、食べ過ぎる」
ダイエット中なのに、食べ過ぎてしまう」

特に、ダイエットをしているのに、
お菓子やご飯を、食べ過ぎてしまったときなんて…
その後は、自己嫌悪の嵐!


心無い人からは、

「それは、アンタの意志が弱いからだ!」
「甘えるな!(ビシッ)」

なんて、スパルタで怒られたり。(´□`;)

真面目にダイエットに励んでいる人ほど、
こういった言葉を鵜呑みにして、自分を責めてしまいます。


けれど、その「食べ過ぎてしまう原因」って、
本当にあなたの意志が弱いから、なんでしょうか?
AMI88_konobamukuhenoisisugi1264500

食べ過ぎてしまう原因はストレス?


食べても食べても満足しない、というとき…。

あなたの日常生活に、
こんなシチュエーションは、ありませんか?


  • 仕事が忙しい
  • 人間関係に悩んでいる
話の通じない上司に、イライラ。
終わらない仕事に、イライラ。

わたしの場合…こんな時は気が付くと
一人で、大箱のチョコレートをペロっと完食してました。

しかも、ほぼ無意識で口に運んでいるようで、
食べた記憶も、あんまりないのです。
怖いですよね(´□`;)


  • ダイエットをしている
  • 何らかの食事制限をしている
「〇〇抜きダイエット」だとか、
「〇時以降は食べない」とか、
わたしも、これまでにした経験があります。

でも、こういう時は逆に食欲旺盛になってしまったりして。

「いつも頑張ってるし、今日はちょっとだけなら…」
と手を付けたお菓子が、
もはや「ちょっと」の域を超えていることも。


◆◆◆


こんな風に、
「食べ過ぎてしまう」時って、心のどこかに、

「もうヤダ!ストレスが溜まる!」

という気持ちがあることが、とても多いんです。

仕事や、悩み事で溜まっていく「ストレス」や、
ダイエットで我慢し続ける「ストレス」など。


そう、原因は「ストレス」なんです。

スポンサードリンク


ドーパミン・セロトニンの関係


食べ過ぎる原因である「ストレス」、
これはホルモンの分泌にも、大きく関係してきます。
人間の身体は、ホルモンの影響をとても受けやすいんです。

そこで、食欲の関わりの深いホルモンを2つご紹介しますね。


ドーパミン
普段、空腹になると
「ドーパミン」というホルモンが分泌されます。

人間の身体って不思議なもので、
ストレスを感じた時にも、この「ドーパミン」が分泌されます。

脳にとっては「ドーパミンが出る=空腹状態」なので、
ストレスを感じると、お腹が空いていなくても、
<空腹状態だ!食べなくちゃ!>
…と、錯覚を起こしてしまうのです。



セロトニン
日常生活でストレスが溜まって、
気持ちが鬱々としているとき、
「セロトニン」というホルモンの分泌が、少なくなります。

この「セロトニン」は、
心の健康の保つ、自律神経を整えるのに必要不可欠な存在です。

セロトニンが不足すると、
些細なことでイライラしたり、精神不安定に陥りやすくなります。

また、上記のドーパミンとのバランスが乱れて、
暴飲暴食に走ってしまう原因にもなります。

ELL86_mosyamosyakapipara20131224500
(本能のまま、食事をする動物さんが羨ましい…)




いくら、自分の意志で食欲を我慢しようとしても、
脳からの「食べなさい!」の指令に、勝つのは困難です。

目の前の食欲と戦うのではなくて、
日常に潜んでいるストレスを、
上手に、解消していってあげることで、
不思議と、食べ過ぎてしまう回数は減っていきますよ。


また、食べ過ぎてしまった時にも、
自分を責めてしまうと、更にストレスを溜めてしまいます。

「食べ過ぎちゃった~
 …ま、いっか!美味しかった!」

と、気にせず認めちゃいましょう。

こういう時こそ、
「ダイエットは明日から♪」って言っちゃいましょう(≧▽≦)


食べ過ぎて苦しいときには、
こちらの記事の方法を、試してみるのがオススメです。
(関連記事:「食べ過ぎの対処法!苦しい時はこれで消化促進!」
※別ウインドウで開きます♪

消化されてお腹がスッキリしてくると、
「食べちゃった」罪悪感も、和らいできますよ。


まとめ


いかがでしたか?

食べることは、
身体に栄養を与えるだけではなく、
心にも栄養を与えるものです。

たまには「心に栄養をあげよう」と思って、
自分に甘くするのも、とても良いことだと思います。

食べたい気持ちと、上手に付き合っていけますようにヾ(〃^∇^)ノ


スポンサードリンク

↓タメになったらシェアをお願いします。知り隊の活力です!d(≧▽≦*)
URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す

*
* (公開されません)
*

Facebookでつぶやく


毎日の「気になる」を解決!

生活の知恵から、知って得するお役立ち情報まで…

「あれって何だっけ?」にお答えします!

Return Top